フォト
無料ブログはココログ

ジャズバイオリン

北床宗太郎・動画

2017年5月11日 (木)

5/14(日曜日)は江古田セッションデー



4月のセッションのダイジェストです。
最後は入り乱れておりますが、少しでも雰囲気が伝われば。

今度の日曜日は江古田でジャムセッションです。
弦楽器奏者だけでなく、ボーカリスト、管楽器、ギタリストなどのお越しもお待ちしております。

予約先は件名に「5/14江古田セッション」と明記し、お名前・パート・人数などを添えて
こちらまでお送りください。

皆さんのお越しをお待ちしております!
次回は111回目です。

5/14(日曜日)open18:00start18:30
江古田Vieill
ホスト北床宗太郎(vln)永松 徳文(b)
チャージ1,500円(別途1ドリンクオーダー)

江古田ヴィエイユ

一定数のご予約を頂いた場合は募集を打ち切る場合がありますので、ご了承下さい。

2017年3月 3日 (金)

エレクリックバイオリンソロパフォーマンス動画

The Birds and The Bees
Jim Hall and Pat Metheny

YAMAHA New Electric Violin Yev-105
Loop Performance

2017年2月22日 (水)

中西俊博さんとのライブ動画

先日行われたスペシャル企画の中のライブ動画です。
冒頭、中西俊博さんとのデュオで演奏は始まります。
バイオリン2台の会話を楽しんでいただければ嬉しいです。
ぜひ、ご覧ください!

バイオリンセッション100回超え記念ダイジェスト動画

先日行われたバイオリンセッションの模様をダイジェストにしました。
中西俊博さんとのライブ、参加者のジャムセッション、
エレキバイオリンのループパフォーマンス、弦楽四重奏でジャズなど
沢山の企画をまとめたものです。ぜひ、最後までご覧ください!!
3月はミュージックスクエアカマタにて16時30分からレクチャー付きのセッションです。
ぜひ、こちらもご参加ください。

2015年12月 4日 (金)

久しぶりの動画は、バイオリンセッション!阿佐谷ジャズストリート2015

Jam session for strings players in
Asagaya Jazz Street 2015.
ポジティブな空気に溢れてます。
久しぶりの動画アップ。

10月阿佐谷ジャズストリートのバラエティ会場
(アイネビッテ音楽教室)で行われた
弦楽器奏者対象のジャズワークショップとジャムセッション。

この動画はこの日のフィナーレセッション、総勢10名のバイオリン・ビオラ・チェロなどの弦楽器奏者が演奏しています。

会場のリスナーの皆さんも楽しんでくれて嬉しかったですし、またこれを機に輪が広がれば良いなあと思います。

今月のセッションは
12/23(水曜日祝日)に行われます!
ふるってご参加下さいませ。


2014年12月24日 (水)

阿佐ヶ谷お礼とクリスマスど

阿佐ヶ谷クラヴィーアお越しの皆様ありがとうございました!良い時間になったかと思います。


さて皆さんへクリスマス動画です!
サイレントバイオリンで音色を変えて弾きました。
アグレッシブなのでご注意を(笑)

良いクリスマスをお過ごしください!


2014年9月26日 (金)

tokos トコス結成記念ライブの模様

弦カルでのジャズ始めました。名前はtokos(トコス)と言います。

ファーストライブから1曲ご覧ください。

fourplayのギタリストchuck loebのファンキーチューンです。

やっとスタートが切れました。

最初ということで沢山の方々に観に来ていただけました。

これから少しずつでも良くなって行けるように頑張りたいと思いますので、ぜひ応援よろしくお願いします。

次回は2015年1月18日を予定しています。

スケジュールをチェックしておいてくださいませ。

2014年6月14日 (土)

「ライブ動画」北床宗太郎(vln)寺屋ナオ(g) night line

この日が初共演のギター寺屋ナオさんとの動画です。 とにかくニコニコしてしまいました。 夜行列車をテーマにしたオリジナルです。

2014年6月 4日 (水)

「ライブ動画」黒沢綾(vo,p)トリオプラス北床宗太郎(vln)ライブat大塚ドンファン、傘一つから

梅雨の季節がじわじわきております。
シンガーソングライター、黒沢綾さんの素敵な曲
傘一つから
トリオに加わった時の動画です。

ぼくがいつ弾き始めるか、見てみて下さいね!
なかなか弾きません(笑)

2014年5月30日 (金)

「ジャズバイオリンレッスン」コード演奏 part3 16ビート編 これでロックセッションも出来るかも。

これが出来ると、ロックのギタリストもびっくり!
16ビートを刻むことが出来れば、ファンキーなセッションできますね。
右手はやはり楽にすることが鍵です。