フォト
無料ブログはココログ

ジャズバイオリン

« 9月のスケジュール/横浜ジャズスクラム/北床宗太郎・楠井五月デュオなど | トップページ | 北床宗太郎YouTubeチャンネルの新企画がスタートします »

2021年10月 9日 (土)

演劇の舞台に関わるときに大事にしていること。

以前から何度も舞台での生演奏の機会を頂いている演出家の梶原涼晴さんから
お誘いを頂き、再来週からの舞台に出演することになりました。
今回の舞台は梶原さんのオリジナル脚本です。
脚本を読んで「これは簡単じゃないなあ」と思いました。
今、その中で俳優の皆さんは1つずつ作り上げていっている最中です。
自分が演劇の舞台に関わるときに大事にしていること
1つは俳優と演出家、スタッフが作り上げている、その過程になるべく多く立ち会う事です。
僕の演奏は在り物の曲を演奏することではなく、その場である種即興でストーリーに関わることなので
稽古中、演出家が行う俳優へのディレクションに演奏へのヒントが沢山詰まっています。
「悲しい場面でマイナー調の曲を弾いて」などという安易なディレクションはありません
今回も場面ごとに、日毎に変わるリクエストに最適解がその場で出せるかにこだわっています。
もう1つ大事にしていることはディレクションに対して「できません」と言わないこと。
ゼロ回答をせずに何とかしてひねり出して音にする作業をやり続けています。

とにかく自分(たち)のベストを尽くして
それをあとはお客さんが観てどう感じるかはお任せしますという感じ。
これはライブの演奏も同じですけどね。

正直、この舞台現時点でまだどうなるか、どうなりそうかなんて分かりません。
が、ジャズバイオリニストとしてこれくらいの気持ちで関わっている舞台という事です。
そういう姿をより多くの方に観て頂きたいと思っています。
下記に詳細がありますのでどうぞご覧ください。

GROUP THEATER 第8回本公演
「解放区〜存在と死ぬか、現実に死ぬか。〜」

○脚本・演出
梶原涼晴

○あらすじ
少し未来。廃墟に忍び込む若者。彼女は廃材やゴミの山にボロボロに朽ち果てた本を見つける。
失われた言葉をまるで飢えた子供のようにむさぼると、押し殺していた想像力は光よりも速いスピードで宇宙へ解き放たれ、
従うだけであったはずの時間は心ゆくまで不規則に流れはじめる。
人間の存在を奪い続ける社会にとっては無意味の象徴でしかないこの廃墟は、あるいは公園であり、寝座であり、
事件であり、そして未来でもあるのだ。
私たち人間がこの混沌の情報社会においてなお人間として存在し続けていくための選択とは。
人間の存在という永遠の疑問が人間自らによって作り上げられた現実に立ち向かう、グループシアター初の一幕劇。

○劇場
浅草九劇

○キャスト
北見翔、小池利一、山本龍兵、岩崎紗也加、甲斐直人、辻康輔、角谷良、高橋ひろし
北床宗太郎(VIOLIN)

○タイムスケジュール
① 10月20日(水)14:00
② 10月20日(水)19:00
③ 10月21日(木)14:00
④ 10月21日(木)19:00
⑤ 10月22日(金)14:00
⑥ 10月22日(金)19:00
⑦ 10月23日(土)14:00
⑧ 10月23日(土)19:00
⑨ 10月24日(日)13:00
⑩ 10月24日(日)17:00

○チケット
前売り券:4,000円
当日券:4,500円
https://stage.corich.jp/stage/114145

北床宗太郎用予約ページ

*コロナ対策の為お客様との接触をなるべく早く控えています。お手数ですがチケット料金は事前振り込みをお願いしています。
○スタッフ
舞台監督:山本龍兵
照明:小松崎愛子(オールライトアソシエイト)
音響:三木大樹(ブリーズ)
○お問い合わせ
actorsclinic.tokyo@gmail.com宛にメールをいただくか、03-6383-4770までお電話くださいますようお願い申し上げます。
(留守番電話になってしまった場合は、お手数ですがご連絡先とご用件をご伝言いただければ担当者より折り返しご連絡させていただきます)

 

※稽古場日記、公演詳細に関しては、GROUP THEATREオフィシャルブログ
https://ameblo.jp/kamakaji-elephantman/entrylist.html
FB ページ(Kamakaji Lab)、CoRich公演情報
https://stage.corich.jp/stage/109709
にて随時更新、お知らせをさせていただきます。

 

ー公演におけるコロナ対策についてー
平素より、GROUP THEATREを応援頂きまして、心より御礼を申し上げます。
この度、上演を控えております舞台「解放区」は、 政府および開催地自治体の定める新型コロナウイルス感染対策の方針に従って公演を実施致します。
ご来場の皆様には下記ご一読いただき、ご理解ご協力賜りますようお願い申し上げます。

 

ー公演・劇場における対策ー
●政府のガイドラインに沿った収容人数での公演実施を予定しております。
●過度な密集を防ぐ為に、座席の間隔を空けご観劇いただきます。
●ステージと客席間の距離も十分な距離を確保いたします。
●全ての公演関係者に対し稽古中もマスク着用、こまめな手洗い、手指の消毒を励行するとともに、検温の実施を徹底し健康管理に努めます。本番当日の朝に公演関係者全員、抗原検査を毎日実施いたします。
●会場内の換気、および手すり・ドアノブ等お手を触れられる箇所の消毒作業を徹底いたします。
●来場者様への対面対応が必要な場所においては飛沫感染防止対策を施します。
●会場内の各所に消毒液を設置いたします。
●整列が必要な場所において来場者様が距離を置いて並べるよう目印の設置を行います。それに従い間隔を開けてお並び下さい。

 

ーご来場のお客様へご協力のお願いー
●入場口において検温させていただきます。非接触型体温計によりご来場者様の体温を測定いたします。37.5度以上の熱がある場合は指定の待機場所にて再び検温を行い、体温に変化が見られない場合は入場をお断りさせていただきます。
●御入場の際はマスク着用、検温、消毒にご協力お願い致します。
●フェイスシールドをお席にご用意しております。お手数ですが、ご観劇の際はマスクと併せてそちらもご着用頂きますよう、ご協力お願い致します。
●公演後の出演者によるお見送りは控えさせていただきますので、ご了承ください。
●出演者への差し入れはご遠慮頂いております。
●飲食は最小限の水分補給に留めていただきますよう、ご協力お願い致します。
●体調不良であることが見受けられるお客様には、スタッフよりお声がけさせていただきますこと、ご了承ください。また、状況により会場内へのご入場をお断りいたしますこと、重ねてご了承お願いいたします。
●新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触がある方、過去2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域への訪問歴及び当該在住者との濃厚接触がある方はご来場をお控えください。
※以上の点にご協力頂けないお客様に関しましては、スタッフからお声がけさせて頂き、やむを得えない場合は、退場措置を取らせて頂くこともございます。予めご了承ください。

243373676_1471429939899100_2329072919455 244267282_2210746029073071_5540606289009

« 9月のスケジュール/横浜ジャズスクラム/北床宗太郎・楠井五月デュオなど | トップページ | 北床宗太郎YouTubeチャンネルの新企画がスタートします »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9月のスケジュール/横浜ジャズスクラム/北床宗太郎・楠井五月デュオなど | トップページ | 北床宗太郎YouTubeチャンネルの新企画がスタートします »