フォト
無料ブログはココログ

ジャズバイオリン

« ゴールデンウィーク合宿2019 | トップページ | ゴールデンウィーク明けはフランスで活動するアコーディオニストtacaさんとツアーです! »

2019年4月20日 (土)

アドリブをやる為にはジャズを学ばないといけないのか?

「アドリブをやる為にはジャズを学ばないと行けないのか?」
ジャズのセッションに行って演奏した弦楽器奏者が
「君の演っているのはジャズっぽくない」と言われて、
そこからジャズって何か堅苦しいなあ、自由じゃないんだー、閉鎖的な雰囲気だよなーって思って
結局セッション行くのもアドリブやるのも辞めちゃう。そんな話を聞きます。
これは弦楽器奏者に限らない話だと思います。

今回はそんな方々に向けて
ジャズのリズムとか、コードの理論とか楽譜とか無しで、1つのメジャースケールのみを使って出来る
アドリブ入門動画を作りました!
理論・コードの知識なしでできるアドリブ入門

アドリブの入口(いりぐち)をより簡単に、
分かりやすくして多くの方に楽しんでやって貰いたいと思っています。
理論・知識なしでチャレンジできる入門動画の数は
15本くらいになる予定ですが、
それを観終わった後に、
「もっと知りたい、楽しみたい、勉強してみたい」と感じてもらって、「ジャズやってみようー!」
ってなるのがベストな流れかなあ。
でも、アドリブ勉強してみたい→ジャズをやろう
は少し強引かもしれません。

それは僕自身の経験によるものなのですが、
「北床のアドリブはジャズっぽくないんだよなあー」ってジャズ研で言われた事があります。
でも、その時の僕は何がジャズっぽくて、
何がジャズっぽくないかが分からなかった。

それは僕がアドリブ(即興)に興味があって、
ジャズに興味がなかったから。

でも、セッションをやっている先輩達の演奏が素晴らしいのは実感できていたのです。(楽しそうだったし)

それでしばらくジャズ研の居心地も良かったから
ステファン・グラッペリ、オスカー・ピーターソンやチャーリー・パーカーを聴いていたのですが、
最初は「これは本当は楽譜があって、だいたい覚えてやってるんだろう」とか
「物凄いテクニックだけど単に無茶苦茶吹いてるだけなんじゃないか?」とか思ってました。

でも、ある時「この人達はヤバい、無茶苦茶にやってる訳ではなくてアドリブでこんな凄い事やってるんだっ!ジャズって凄い、会話してるみたい!」
と気付いたのです。
そこからはコードトーン、耳コピ、パーカーオムニブック、ジェイミー、楽器の練習、CD収集などに
ハマりました。

話は少しずれたのですが
今作っているアドリブ入門編をやった上で、
これらをジャズミュージシャンは練習をした上で、さらにコード、ハーモニーの知識もつけて音を使い分けてアドリブしていると理解して貰えたら 、
ジャズは「やらなくては行けない」というモノと言う意識から、より能動的に関わって貰えるのではないかと思っています。

同時にアドリブに興味がある人達に
ジャズが素晴らしい音楽であると、
自分が魅力的な演奏を見せないと行けません。

アドリブ入門で素晴らしいジャズミュージシャンがどう言う事をやってるのか分かってもらう
良いジャズライブで感動させる
そうしないとジャズをやろうとはならないですね。

ジャズ研の先輩が「カッコいいジャズをやっていれば、自然と後輩は付いてくる」と仰っておられましたが、確かになあと思います。

只今アドリブ入門はパート6までアップしています。
今週もどんどん進めていきます!

アドリブを身近に感じてもらえる様な動画、そしてこの様な活動を応援して下さる方は
ジャズバイオリンディレクションジャパンのフェイスブックページにイイねを押して、フォローをお願いします。

弦楽器奏者の方は勿論、
他の楽器の方も楽しんでアドリブやりましょう!

 

 

ジャズバイオリンディレクションジャパン フェイスブックページ

ジャズバイオリンのレッスンに関してはこちらまでアクセスして下さい。

 

« ゴールデンウィーク合宿2019 | トップページ | ゴールデンウィーク明けはフランスで活動するアコーディオニストtacaさんとツアーです! »

ジャズバイオリンメソッド(バイオリンセッション)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴールデンウィーク合宿2019 | トップページ | ゴールデンウィーク明けはフランスで活動するアコーディオニストtacaさんとツアーです! »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31