フォト
無料ブログはココログ

ジャズバイオリン

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月21日 (木)

四日市ホーリーハウスでの初ライブ御礼

月曜日は先月の四日市での演奏以来となります、地元でのライブをやりました!
ホーリーハウスと言う、音楽スタジオとスクール、カフェを併設したお店での初ライブ。
四日市ジャズフェスティバルを機にお店の方と知り合ってから、何回もコーヒーを飲みに行った事はあったんです。美味しいし、天井高いカフェで落ち着くし。いつも長居をしてしまいます。
今回は美味しいコーヒーとケーキがついたアフタヌーンライブ。終演後頂きましたが、どちらも本当に美味しかったです!
ライブはピアノの平光広太郎さんとのデュオ。
ジャズのスタンダードから、童謡、シャンソン、布施明まで馴染み深い楽曲をお届けしました。
曲の説明もじっくりしながらの2ステージ。
お越し下さった方々ありがとうございました。

鰻食べたい?と聞いたら「食べたい」と言うので三重まで来てくれたヨッシー、飛び入りをしてくれました。
3人ではめだかの学校、赤とんぼ、S'wonderful 、君は薔薇よりも美しい、などを演奏しましたよ。
平光君は名古屋ジャズコネクションを立ち上げており、今年も四日市ジャズフェスティバルと続けて参加するみたいですよ!
ぜひ、両方とも応援して頂ければと思います。

東京の鰻も良いんですが、やっぱりしっかり焼いた関西の鰻が恋しくて。
三重県も結構鰻屋さんがあるんです。
で、ホーリーハウスの後に子供の頃から祖父、祖母と一緒に行っていた鰻屋さんに行きました。
ヨッシーも美味しくて感動してましたが、量が多くて結局残りはお持ち帰り。
地元を堪能した1日でした。

また地元でのライブもやりたいなあと思います。
今回来られなかった方はぜひ次回遊びに来て下さい!











桑名弦楽合奏団・第31回定期演奏会に行ってきました!

日曜日、今度は三重県は多度に行ってきました!
桑名から車で20分程でしょうか。
僕が小学生の時に所属していた桑名弦楽合奏団の定期公演に行ってきました。
僕の名古屋でのコンサートに桑名弦楽合奏団の主宰・植村勉先生が来て下さった事で、二十数年振りにまた交流をさせて頂く様になりました。

この弦楽合奏団、本当に面白い事をやってました!まず演奏者は舞台の下にいます。要するに客席と同じ目線です、何が行われるのでしょう?(笑)
まずバッハのゴルトベルク変奏曲を弦楽だけでやってました。鍵盤楽器の為に書かれたものを弦楽用に植村先生がアレンジしたものです。
テクニック的にも非常に難しく、しかも各パート満遍なく難しい所があった様に思いますが、
それをしっかり演奏している団員の皆さん。
本当に素晴らしかったです。
そして、要所でなんとバレエダンサーが舞台上に登場しました。なるほどその為に舞台があけてあったんですね。
不眠症に悩む伯爵に向けて作られた曲ながら、
このコラボレーションにより、最後まで眠りにつくことなく聴くことができました(笑)
休憩を挟み
今度はストラヴィンスキーのミューズを率いるアポロ。
舞台上には白い幕が張られ、その奥でベリーダンサーのシルエットが映されます。
なんと今度はベリーダンスとのコラボです!
演奏中はダンサーは影での動きだけでしたが、
それがまたミステリアスであり、想像を掻き立てられたりで音楽とマッチもしていました。
音楽だけではなく視覚での刺激を要所で与えられて、クラシック音楽の良さを改めて感じる事が出来ましたし、こう言う挑戦的な姿勢を共有して活動している桑名弦楽合奏団は本当に素晴らしいと思います。
団員の中には、二十数年前から所属している僕の知っている方々もいらっしゃいました。
凄く懐かしかったですし、市民楽団ながら東京の音大を卒業して地元に戻って来ている方や、プロフェッショナルとして世界で活躍する植村太郎さんの様な方が合奏団のパートに入っている事で、全体のクオリティが締まっていましたし、
他の団員の方々にそれが良い刺激になっているのは明らかでした。
この公演の為に7ヶ月かけたそうです。
本当に素晴らしいと思います。
あまり前例の無い企画の為、
会場を借りるときなどに色んなご苦労がある様ですが、植村先生や合奏団の団員の皆さん、この公演を支えているボランティアスタッフの方々に心から敬意を表したいと思いますし、これからも良い公演を続けて行って頂きたいと思います。
また遊びにいきます!






名古屋でのジャスバイオリン教室の発表イベント

先週土曜日、名古屋音楽学校のジャズバイオリン教室の生徒さん達と中日ビルの一階エントランスにて発表会をしました。
この日参加してくれたのは6人。
ピアノ近藤有輝さんにも手伝って頂きました。
皆さん、それぞれ課題に向き合いながらとても真摯な演奏をしてくれました。
ジャズと言うと、アドリブに焦点が行きがちですが、楽器をしっかり鳴らす、良い音で演奏する、こう言う所をすべての生徒さんがしっかりやってくれていたことがとても心に響きました。
通りすがりの方々が30分立ち止まったまま聴いて下さっていてたのは、そう言う所が伝わったのかもしれません。
セッションとはいえ、生徒2人がペアになっての演奏だったので、構成の打ち合わせや、ソロの順番、そして一通りリハをやりました。
アンサンブルについての考え方や、ディスカッションを生徒全員で共有出来たのも良かったと思います。
参加してくれた皆さん、本当にお疲れ様でした。
素晴らしかったです。









2016年7月14日 (木)

8/27(土曜日)ジャンゴ東京フェスティバル2016

Django Tokyo Festival 2016 , 27th of Aug.
I am looking forward to playing.
you can enjoy fantastic 10 groups.

上野不忍池水上音楽堂で行われるジャンゴ東京フェスティバルが迫ってきました。多くの素晴らしいバンドが出演します。
演奏するのも観るのも楽しみです。
皆さんに素晴らしい夏の思い出をお届けできるように頑張ります。

フェスでは僕と別々の出演になりますが、河野文彦さんと阿部恭平さんと演奏した動画をご覧ください。

8/27(土曜日)第1回ジャンゴ東京フェスティバル
open13:00 start14:00 end19:00
前売り2,500円 当日3,000円
出演者やグッズの情報はこちら↓

チケットはライブ会場でも持っておりますので、お声がけくださいませ。
その他チケットご購入希望は
メールの件名に「ジャンゴ東京チケット」と明記の上
名前・住所・電話番号・枚数・を添えて
までお送りください。

2016年7月 1日 (金)

明日は東京ジャズバイオリン・ワークショップ

クラシックを演奏している方々で、他のジャンルを演奏してみたいけど、中々機会が無いという方や
即興演奏に行き詰まっている方、
弦楽器奏者のコミュニティで交流したい方、
メンバーを探している方々など、
ぜひ遊びに来てください!!

7/2(土曜日)14:00-18:00
ジャズバイオリン・ワークショップ
ジャムセッション

弦楽器奏者の為のジャズワークショップ、
ホストミュージシャンとのジャムセッションが1日で味わえるお得な企画です。

コース
A-14:00-15:30 弦楽器奏者のジャズワークショップ
B-15:45-17:45 ジャムセッション

ホストミュージシャン
北床宗太郎(vln)西村俊哉(g)今給黎久美子(b)

参加費
Aワークショップのみ4000円
Bジャムセッションのみ2000円

AとB通しで参加 5000円

いずれもソフトドリンク付きです。
アイネビッテ音楽教室
中央線阿佐ヶ谷駅北口より徒歩3分
、丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅より徒歩8分
166-0001 東京都杉並区阿佐ヶ谷北1-3-15 C-HOUSEあさがや 3F
アイネビッテ音楽教室ホームページ
http://www.einebitte.com/

予約は件名に「7/2ジャズバイオリンWS」と書き
sotarokitatoko@gmail.com
まで

1-お名前
2-演奏する楽器
3-参加するコース
4-お電話番号
質問・意気込みなどを添えて
お送りください。

返信をもって受け付け完了となります。
どうぞお待ちしています。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »