フォト
無料ブログはココログ

ジャズバイオリン

« ジャズ弦楽四重奏トコストリングス、8/30ランチコンサート | トップページ | 阿佐ヶ谷ジャズストリートにてジャズバイオリン・ワークショップとセッションを開催します。 »

2015年9月15日 (火)

土曜日は名古屋ジャズバイオリンワークショップ2回目

名古屋周辺の弦楽器奏者の方にぜひお伝えください!
今週土曜日は名古屋にてジャズバイオリンのワークショップ2回目です!
チェリスト、ビオリストも大歓迎です。

チラシを置かせて頂いている、名古屋芸術大学さん、ヤマハ名古屋店さん、どうもありがとうございます。
また今後チラシを置いてくださる店舗も募集しておりますので、ご連絡頂ければ幸いです。

今回はテーマのメロディを変化させて弾くことからアドリブのアプローチに繋げてみようというテーマと、
初回ワークショップよりハーモニー、コードの知識に関して掘り下げる二本立てです。

テーマのメロディをいかに演奏するかは常に課題ですね。テーマは文字通り「主題」なのでそこをしっかり捉えてないと、アドリブにもイマイチ繋がりにくいです。
アドリブ上手い人は、テーマの歌い方が上手な人が多いと思います。ん?逆かな?(笑)

自分がレッスンをする時、
Stan Getz & Kenny Barronの
People Time の一曲目「East of the sun」を題材にする事が多いです。
テーマのメロディとアドリブ1コーラスを楽譜にしてきて貰います。
ゲッツのまずテーマが凄いし、アドリブへの移行が凄いから(笑)バロンも凄いけど。

あとよくアドリブを「適当に音を出している」のだと勘違いしている方がいますが、
ハーモニーを理解して、コード進行に沿って音を選んで演奏しています。勿論リズムを伴って。だから、お勉強が必要デース。
ジャズバイオリニストのクリスチャン・ハウズも言っております。
「練習する事」とは、実際に楽器を使ってやるものが半分と、自分の知らない事を知る作業が半分だと。
お勉強シマショー(笑)

自分のテーマの歌い方にマンネリを感じていたり、
アドリブの時、新しい音が使えるようになりたい方は是非、
ワークショップへお越し下さいませ!

ちなみに初回受けれなかった
フォロープログラムも午前中にありますので、初歩からやりたい方はそちらも受講してみて下さい!
どうぞよろしくお願いします。

アシスタントは
名古屋で活躍中のジャズバイオリニスト
加知 優磨さんです。
最後はバイオリン2人でのセッションもお見せします。お楽しみに。

9/19(土曜日)
ジャズバイオリンワークショップ
初級(1回目にやった事が中心)
11:00-12:30 4000円
中級(上記の新しい課題)
13:30-16:00
5000円

初級+中級
8000円

名古屋音楽学校までお問い合わせ下さい。
どうぞよろしくお願いします。

http://goo.gl/TcOEQj



« ジャズ弦楽四重奏トコストリングス、8/30ランチコンサート | トップページ | 阿佐ヶ谷ジャズストリートにてジャズバイオリン・ワークショップとセッションを開催します。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363715/61626641

この記事へのトラックバック一覧です: 土曜日は名古屋ジャズバイオリンワークショップ2回目:

« ジャズ弦楽四重奏トコストリングス、8/30ランチコンサート | トップページ | 阿佐ヶ谷ジャズストリートにてジャズバイオリン・ワークショップとセッションを開催します。 »