フォト
無料ブログはココログ

ジャズバイオリン

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

ツアー日記-15新宿Jツアーラスト

3/23から始まった北床宗太郎night & dayツアーは
3/28にラストを迎えました。

ホームとも言える新宿Jに入る前に、午前中からレッスンを池袋、成増で二つやりました。
ツアー中、レッスンが出来ず、生徒の皆さんすいませんでした(笑)ほんの、五日ですが。

大阪から帰ってきてから、やはり少しホッとしたのか、レッスンの為に家を出ようとした時、鍵が見つからない自体に。帰ってきた日の鍵を何処に置いたのか、記憶がないのです。
ちなみに次の金曜日も同じ状況になり、気が抜けているなあと反省しました。

さて、それではツアーラストの模様について書きます。この日はベースに寺尾陽介さんを迎えて初めてのライブでした。
元々、良く寺尾君とは共演していたので、すんなりリハーサルも終わり、うどんを食べに行きました!

1364641003972.jpg
寺尾君、嬉しそうだなあ。

1364641011040.jpg
新宿三丁目にある母屋さんと言うお店。
ボーカルの黒沢綾さんとお店の方がお知り合いと言う事で、一度ライブにも来て頂いた事があるんです。
黒沢綾さんは最初のおかえりを言ってくれました!
そして、おでんを嬉しそうに眺めるのでした。
1364641014578.jpg
1364641016693.jpg

お客さんから言われた事の多くが、ツアーの成果が出たライブでしたねと言う事。
ツアーの充実が凝縮したライブと言うのはとても嬉しく思います。

1364641025220.jpg

この日は色々ありましたよ。
新宿Jのバードマン幸田さんの生誕祭でした。
皆で、ケーキをプレゼントしました。
おめでとうございます、幸田さん!

飛び入りには黒沢綾さん!めだかの学校をやりました。なんか、しみじみです。

そして、更には山岸隆士さんがいらっしゃったのでBut not for meを!これまた良い雰囲気でした。
御二方とも本当に素晴らしかったです。

皆の演奏も、なんか爆発してました。
特に僕以外(笑)みんな、淀みなく音が出て来ておりましたねー。

今回のツアーにお越し下さった方々、そしてゲスト参加していただいた方々、ツアーを回った川村君、小山田君、みんなに感謝しております。

どうもありがとうございました。
4/24全国流通になります!その際はまた口コミなどに何かを書いて頂ければ幸いです(笑)

どうぞ、これからもよろしくお願いします。

ホワイトデーは過ぎましたが

日頃応援してくれたり、いつも差し入れなどをしてくれる方へのお礼として、ホワイトデーは過ぎてしまいましたがお礼のCDを作りました。
ツアーでは、様々な場所で配らせて貰いました。

このCDの内容なのですが、2012年12月28日に新宿Jで行われました「高音質音楽専門デジタルラジオ」ミュージックバードさんのライブレコーディングが収録されております。
メンバーは
北床宗太郎(vln)川村健(p)(accordina)生沼邦夫(b)小山田和正(dr) ゲスト手島大輔(g)黒沢綾(vo)です。

お客さんから収録して頂いたミュージックバードさんの放送を聴きたいと言う声が大きく、それをミュージックバードさんにご相談した所、快く承諾頂きました。どうもありがとうございます。

しかし、全てが入っているわけではなく、3セットやった中から4-5曲が入っています。
しかも、言っておきますが高音質です!
凄くビックリな位(笑)

運が良いと、2曲続きのメドレーが入っているので5曲になるわけです。
川村君のアコーディナ、手島君のオリジナルなどはかなりレアかも知れませんね。

それぞれ曲順、収録曲が違いますので、お友達と交換しても楽しめるかもしれませんね。

まだ、貰っていない!とか、これから欲しいとか言う方、僕の渡し忘れもあるかと思いますので(笑)どうぞ会場でお声掛け下さい。
合言葉決めないとね。

改めて承諾頂きましたミュージックバードさんに感謝いたします!
ありがとうございます!
http://musicbird.jp/

ツアー日記-14移動日車中の変化

大阪のライブから一夜明け、東京に戻る車内。
当初は三人で下らない会話をしながら、かかっているCDなどについても色んな考えを聞く事ができて良かった。

しかし、この移動日。
この日は状況が違った(笑)

運転手小山田君と助手席川村君はいつも通り話していたが、後部座席の私は中々会話に参加出来なかった。

当初、2人は僕にも聞こえるような声の大きさで話してくれていたのだが、段々前だけで話すトーンになっていて、後部座席からは一部で聞き取れる所がある位で、そこから話の推理をしなくては行けなかったからだ。

後ろから「 もう少し大きな声で喋ってください!」と学級会の様な発言をするには歳をとりすぎた。
ここは我慢して聞いていよう。

そう思っている間に眠ってしまいました。

ごめんなさい。

夜8時位には東京に戻ってきました。
安全運転、小山田君ご苦労様でした!

2013年3月27日 (水)

ツアー日記-13小山田くんと川村君。明日は最終日。

東京に戻ってきました。
無事です!

さて、おにぎりの件、かなり気になってる方々がいらっしゃる様ですね。
えーと、明日新宿Jでお話しましょう(笑)

さて、今回のツアーの車内にての役割ですが、
小山田和正(dr)←ドライバーね
川村健(DJ)←助手席でCDをかける
北床宗太郎(B)←ボケ担当
でした。

小山田君には本当頭が上がりません。
強行日程を乗り切ってくれました。

川村君も独特の語り口で楽しませてくれたし、
何より車内で音楽的な話が出来て良かったなあ。
まあ、ほとんどふざけてただけかも知れないけど(笑)

1364391321504.jpg

さて、明日は最終日、新宿Jです。

とにかく最後まで楽しんでもらえる様に、頑張りますね!
皆様ぜひお越し下さいませ。

3/28(木曜日)18:30open 19:15start
新宿J
北床宗太郎(vln)川村健(p)寺尾陽介(b)小山田和正(dr)
2000円プラステーブルチャージ(500円)
http://www.jazzspot-j.com/

終わってから、改めてメンバーにありがとうを言おうと思っています。

1364391325521.jpg

ツアー日記-12フィドル倶楽部と深夜の串カツ

さて、四日目は大阪です!
四ツ橋と言うのは、心斎橋や、なんばの近くなんですね。気づきました。
以前、演奏で三日間心斎橋に滞在した事があり、その記憶を辿り食事する所を探したのですが、お店がやっていなくて、とりあえずたこ焼きを食べました(笑)
この後、リハーサルをした後に、またたこ焼きがウリの居酒屋さんに行きました!勿論、食事です。
1364389857066.jpg
リハーサル後に打ち上げはしませんからね。

この日は関西で活躍するギタリストの川瀬さん、ベーシストの中村さんとご一緒しました。
いやー、なんか初めてやったとは思えない様な雰囲気でした。
川瀬さんの淀みないプレイや、安心感ある中村さんのライン。
メンバーも皆、楽しんで演奏出来たようです。


場所はフィドル倶楽部。こちらはたくさんのバイオリン奏者やフィドラーが演奏するライブハウスです。
初めてこちらで演奏しましたが、お店の方にもとても温かく迎えて頂き嬉しかったです。
久しぶりの再会や、また新しい出会いがあったのも良かったなあ。

こちらのお店でも、またジャズバイオリンのワークショップがやれれば良いなあと思っています。
関西のバイオリニストの方々、よろしくお願いします!

1364389860545.jpg


1364389865156.jpg


写真提供
Skunk★Worldさん

そして、小山田君の紹介で深夜の串カツ!
あー、美味しかった!

1364389869588.jpg

1364389873441.jpg

1364389877089.jpg

ツアー日記-11ドキシーとハウルの動く城

栄のドキシーは何度もライブをやらせて頂いています。
今回はゲストにギター望月さんとベースの北浦さんをお迎えしてお送りしました。

1364389125221.jpg

お二人とも素晴らしい方々で、ライブも沢山盛り立ててくれました。楽屋でも沢山面白い話が聞けたし(笑)

ステージですが、最初は少し緊張感がある雰囲気でしたが、徐々に温まってきた感じかな?

ハウルの動く城をやったんだけど、これがなんだか独特の雰囲気で面白かったです!テンポがいつもより遅かったからかな?中々独特でした。

まかないで頂いた牛スジ味噌煮込み丼が美味しかった。
また、ご飯の話か(笑)

名古屋も無事終了。中間チェックポイントを通過しました。

ツアー日記-10台湾ラーメンと全国流通

3日目
藤枝市から名古屋への移動。
しっかり起床して、出発したお陰で
お昼すぎに到着!

まず、最初はお昼ご飯。
1364388982070.jpg
名古屋で有名な味仙、台湾ラーメンです!この日もお店は月曜日に関わらず沢山のお客さんで賑わっていました。

この台湾ラーメン、川村君がとても感動していました。
しかも初めてなのに、辛めを頼んでたなあ。
他に脱皮ガニの野菜炒めが食べたかった見たいですが、まだお昼でビールは飲めないので諦めていました(笑)

1364388983497.jpg

その後は4/24に全国流通になる、Night & Dayのプロモーションの為、楽器店やCDショップを回りましたよ。
もう、近づいてきてます!より皆様の元に届けられる様になるんですね。
嬉しいです。

そしてお店巡りの際に、ジャズバイオリンのワークショップの開催などについても話を伺ってきました!

今度は名古屋でワークショップが出来るかもしれません。

そして、夜のライブに続きます。

2013年3月26日 (火)

ツアー日記-9癒しのウッディスペースにて

静岡二日目の夜は
モデルハウス、駿河工房焼津ギャラリーにてミニコンサートでした。
1364271073350.jpg
と言ってもがっつり最後はやってしまいましたが。

とにかく、素敵な空間でした。
1364271078171.jpg
ウッディな暖かみのある部屋、天井の高さ、吹き抜け、畳の間など木の楽器にはたまらない場所です。
何よりアコースティックで生音でやれる事が嬉しかったなあ。
良い響き、普段マイクをつけて演奏がする中で本来のバイオリンの音を忘れがちですが、やっぱり綺麗な音を出そうと言う意識って改めて大事だなあと思いました。
1364271080518.jpg

駿河工房焼津ギャラリー
ホームページ
二日目と言う事で、ギターの佐々木さん、ベース中司さん、バイオリンの樽井さんとの息もどんどんあってきました。

さて、このライブではコーヒーが出されたのですが、これはギターの佐々木さんがいれてくれた物です。
彼はコーヒーを焙煎したり、販売もしています。
この日はコスタリカのエル・パボール農園のコーヒーでした!
酸味が少しある、だけど凄くさっぱりした味でした。美味しかったです。
マルケコーヒー
こちらにもコーヒーや、演奏の事が載っているので見てみてくださいね。
1364271082913.jpg
コーヒーも売れるギタリスト、佐々木君。

この日の演奏は気持ちよくやらせてもらいました、沢山の方々の前で童謡や、オリジナル、バラードなど盛りだくさんでしたが、CDも沢山買って頂いてありがたい限りです。
なんか、空間に助けられたなあ、色々と。

いやー、あんな家に(笑)す、す、すみ。

その後、藤枝駅前にて打ち上げ。
今回コーディネートしてもらったバイオリンの樽井さんに本当に感謝しています。
本当にありがとうございます!

静岡や、東京でも活躍中のバイオリニスト、樽井直美さんのブログです。
どうぞご覧になって下さい。
http://ntarui.cocolog-nifty.com/

また、静岡でワークショップ、ライブやりたいと思います!

ツアー日記-8藤枝タイムにてワークショップ

そして、藤枝駅徒歩一分のコーヒー屋さんに到着。タイムさんです。
中はレトロな感じの喫茶室と言う感じです。機材を持ち込んで、まずお昼のワークショップが始まりました。

藤枝市タイムでのワークショップはギター、サックス、ピアニカ、リコーダー、ベースなど沢山の方々に集まって頂きました。

一日目とは違いGのメジャースケールを用いて、色んなリズムのホストバンドの演奏に合わせて、一人ずつアドリブをやってもらいました。

いかに自分の演奏が癖に支配されているか。
この練習は自分にとっても良い薬になります。

後半はセッションも出来ました。
ジプシースウィングの曲もやりましたし、この日もどんどん積極的に演奏してくれる様になった皆さんを見ていて、とても嬉しかったです。

休憩中、お店の方がコーヒーのお代わりを入れて回ってくれたり、終わってからとても楽しかったと言う言葉を頂きました。

これは一日目のケルンでもそうですが、ジャズバイオリンワークショップの内容を褒めて下さる方が沢山いて本当に嬉しかったです。

本当にありがとうございます。
タイムでの写真がまだないので、こちらでお許し下さい。


1364267743177.jpg

後記
ワークショップの模様はこちらですよー。
皆さん、決まった音を使って素晴らしいアンサンブルを披露してくれました。

1365835534238.jpg

1365835538198.jpg

ツアー日記-7早起きの訳は桜の為。

静岡二日目は
富士市から藤枝市に移動する所から始まりました。
ツアーにしては早くホテルのロビーに集まり、出発。
なぜなら

桜を

見に行きたかったから。

ではなく

食べに行きたかったからです。

藤枝市に向かう途中の由比の漁港。


1364266941712.jpg


桜海老の直売があるような所で、由比丼を頂きました!

シラスと桜海老です。
何もかけなくても美味しいですが、卓にあった醤油を掛けワサビと食べると尚美味しかったです。

1364266975229.jpg


その後、実は国道一号沿いのお店にはしごした事は内緒です(笑)


そして、藤枝駅徒歩一分のコーヒー屋さんに到着。タイムさんです。
中はレトロな感じの喫茶室と言う感じです。機材を持ち込んで、まずお昼のワークショップが始まりました。

1364266979959.jpg

2013年3月24日 (日)

ツアー日記-6桜エビと静岡の二日目の予定

先程食べました!
1364093352807.jpg
力が湧いて来たよ。

今日は富士市から藤枝市に移動してのワークショップからスタートです!どうぞよろしくお願いします。
皆で楽しみましょう!
夜はギタリスト佐々木優樹さんが、コーヒーをいれてくれますよ。

3/24(日曜日)12:30open 13:00start -16:30
昼 藤枝市駅前 タイム
ジャズバイオリンワークショップ&バイオリンセッション
料金 2000円プラスコーヒー(500円)
http://shizuoka.j47.jp/time/m

夜 焼津 駿河工房焼津展示場
18:00open 18:30start
ミニライブ(コーヒー付き)
北床宗太郎(vln)川村健(p)小山田和正(dr)
ゲスト佐々木優樹(g)中司和芳(b)樽井直美(vln)
前売り2000円 当日2300円
http://www.surugakobo.co.jp/gallery01.html

ツアー日記-5富士ケルンライブ

ライブ本番!
セットリストは下に書きます!

ケルンのお店の雰囲気がとても良くて、ピアノも素晴らしく、お客さんもあたたかくて、リラックスして演奏できました。

静岡の素晴らしいミュージシャン、ギターの佐々木優樹さん、ベースの中司和芳さん、そしてバイオリニストの樽井直美さんとの共演もありました。

昨年の浜松ジャズウィークで佐々木さんと中司さんとも演奏したのですが、このライブでも素晴らしかったです。
そして、東京でのバイオリンセッションにわざわざ静岡から何度も脚を運んで下さっていた、樽井さん。
本格的な共演は初めてでしたが、自分の唄をもつ、そしてオープンマインドな素敵なプレイヤーでしたよ!
樽井さんアレンジのユーモレスクもやりました。
これは楽しかった。久しぶりに弾いたなあ(笑)

1st
1-Blue moon
2-The lady is a tramp
3-Night line
4-赤とんぼ
5-I'll wait for you

2nd
1-Night & day
2-ユーモレスク
3-Summertime
4-Just friends
5-ジプシーの夢
6-L-O-V-E

En-Drive

お越し頂いた皆様、ケルンのスタッフの皆様ありがとうございました!

1364089242498.jpg

ツアー日記-4ライブ前にうどん

ワークショップは無事に終わり、
夜のライブまでに時間がありました。
サウンドチェックをした後、みんなお腹が空いていたのです。

僕の行方不明おにぎりのせいで、車内で中々ご飯がたべられずにいた2人と、静岡のギタリスト佐々木優樹、ベーシスト中司和芳両氏とご飯を食べにいきました。

時間が無い中、うどん(笑)

1364083957661.jpg

1364083962358.jpg

これが、後のライブへのパワーとなりました。

ツアー日記-3ジャズバイオリンワークショップ

静岡で初となる私のジャズバイオリンワークショップでした!
トランペット、ピアニカ、フルートなど他の楽器の方も来てくださいました!ありがとうございます。

1364058561227.jpg


ジャズを初めて演奏する方が多く、最初は少し戸惑っておられた方もいましたが、最終的には皆さんそれぞれの音で、かっこ良いリズムを出しながら弾ける様になりました!
挑戦する事を積極的にやってくれた皆さんに感謝です!この経験は皆さんのクラシックに対するアプローチの手助けになるかもしれませんね。

ワークショップは皆で演奏しながら、コミュニケーション、相手を聴く、次の人に伝える、独創的な事をやる、リズムを感じる、何でもOKと言う状況を怖がらない様にすると皆さんの演奏がとても良くなって行くのを感じました!

今回の企画を考えてくれた静岡のバイオリニスト、樽井直美さんに感謝をしています。
ありがとうございます。

そして、会場を使わせて頂きましたケルンの方々、ありがとうございます。

さて、この後はライブへと続きます!


1364058571221.jpg

2013年3月23日 (土)

ツアー日記-2おにぎりは何処へいった

えーと、事件です。
無事にケルンに着いたのは良いのですが、
車内にて事件発生しました。

1365834788963.jpg

2人に食べてもらおうと思っていたおにぎりが消えたのです。
せっかく作ったのに!
一説には車が食べてしまったのでは無いかと。
どうりで燃費が良い訳だ(笑)

これから、まずは静岡にて初めてのジャズバイオリンワークショップをやります!

ツアー日記-1おにぎり作りました。

本日からツアーが始まります!
まず静岡が2日間で。

頼まれても居ないのにオニギリを作りました。
2人は食べてくれるでしょうか?
1364002380880.jpg


今日はお昼からジャズバイオリンワークショップです。

ジャズバイオリンに興味がある方、

即興演奏に挑戦したい方、

エフェクターを使ってのエレキバイオリンの演奏なども披露予定ですので、ぜひお越しください!

そして、夜は同じ場所ケルンでツアーの初日ライブです。

CDから、アコーディナ、そして静岡の素晴らしいミュージシャンとのコラボなど盛り沢山でお送りします!
よろしくお願いします。

無事に富士に着く事を願って、この記事を書いております(笑)

3/23(土曜日)14:00open 14:30start-18:00

富士ケルン

ジャズバイオリンワークショップ&バイオリンセッション

18:30open 19:00start
夜のライブ
北床宗太郎(vln)川村健(p)小山田和正(dr)
ゲスト佐々木優樹(g)中司和芳(b)樽井直美(vln)
料金
ワークショップ&セッションのみ
2000円プラスオーダー
ライブのみ
前売り2500円 当日2800円
セット券
前売り3500円 当日3800円
http://www.fujinokuni.co.jp/cz/koln.htm


2013年3月19日 (火)

遂に迫って来ました。静岡、名古屋、大阪、東京のツアー。

ジャズバイオリン北床宗太郎

1363696393289.jpg

レコ発ツアー 3/23-28
with 川村健(p,accordina)小山田和正(dr)

静岡ではライブとは別に、ジャズバイオリンをやりたい人や、好きな人にレクチャーを交えたバイオリンセッションをやります!
東京から何人か参加者もいるみたいです!

興味のある方は日帰りでも行けますので、ぜひご参加下さい。
ちなみに24日は名古屋や浜松からの参加もお待ちしております!

3/23(土)富士 ケルン
http://www.fujinokuni.co.jp/cz/koln.htm
3/24(日)焼津 駿河工房焼津展示場
http://www.surugakobo.co.jp/gallery01.html
3/25(月)名古屋 ドキシー
http://www.doxy.biz/
3/26(火)大阪 フィドルクラブ
http://www.fiddle-club.com/
3/28(木)新宿 J
http://www.jazzspot-j.com/

各会場ではスペシャルゲストの方々とご一緒します。
23.24は昼間にジャズバイオリンのワークショップもありますので、ジャズバイオリンに興味ある方も是非遊びに来て下さいね。
静岡、名古屋、大阪、そして東京と健康に気をつけて最後まで頑張ります!

まだ予約間に合います。ツアーならではの企画もありますので、どうぞ遊びに来て下さいね!
よろしくお願いします。

詳しい概要、ゲスト情報などはこちら

http://sotaro-vln.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-ce78.html
1363696411298.jpg

1363696436067.jpg

1363696441389.jpg

2013年3月17日 (日)

今日は蒲田でバイオリンセッション

今日のバイオリンセッションは
バイオリンで自由な即興に挑戦してみようと思います。
お題に沿って、楽器を鳴らしてみて、周りの聴いている方は、各々のプレイヤーの意図や、情景を想像してみましょう。
いきなり難しいと言う方は皆さんの演奏の前にループで土台(ベース)を作っておきます。そして、アイデアも出しながらいきます。

言葉で書くと少し複雑そうですが、
案外音を出してみるとシンプルだったりします。
フリーインプロ(完全即興)から普通のアドリブに繋げる様な内容にする予定です。

17:00-21:00で、前半インプロのレクチャー、後半はセッションとなります。
どうぞ、お気軽におこし下さい!

参加料金はテキスト代、レクチャー代込で2000円です。
バイオリンや弦楽器以外の参加もお待ちしています。
セッションホスト
北床宗太郎(vln)鷲尾広太(g)寺尾陽介(b)

ミュージックスクエアカマタ
http://www.stargakki.com/kamata/map.html
です!

2013年3月 7日 (木)

ストーケロ・ローゼンバーグトリオ with ティム・クリップハウスマヌーシュ・スウィング

ワークショップの参加者の方々から、アンケートの返信が続々と返って来ています。どんな事でも反響があるのは嬉しいですね。


さて、ローゼンバーグ・トリオ with ティム・クリップハウス 本番のコンサートの話をしましょう!

3/3めぐろパーシモンホール、今回のツアーの最後のステージでした。
ゲストにはピアニストの山中千尋さん。

とにかく、ローゼンバーグの音が良くて驚いた。色んなマヌーシュギターを聴いて来たけど、彼は本当にすごかった。まあ、マヌーシュ・スウィング的には、少々の荒さが魅力的な楽器かもしれないけれど、ストーケロの音色は群を抜いて綺麗だった。
何か、それだけでも聴く価値があるなあと思います。
早弾きも勿論凄かったんだけどね(笑)

そして、ティム。ストーケロを目当てに聴きに来たという人で、ティムを初めて聴いた人の印象も凄く良かったです。
とにかく、グラッペリのフレーズや、リックを沢山出すのだけど、決して切り貼りでは無いので、嫌味が無いのです。
彼の即興の中に流れがあり、そこにグラッペリが散りばめられていると言う印象。
何か、技みたいに一つずつ出して行くのではなく、全体的な流れの構築は彼がスタンゲッツ好きと言っただけあるな〜と思いました。

ファーストはトリオで3曲か、そしてティムが入って数曲。
何と言うか、あっという間だったです。とにかく心地よい空気が流れました。アコースティック・スウィングの楽しさはこれですね。

ストーケロもティムも、楽器に対してとてもナチュラルな姿勢でした。
力任せに弾くのではなく、一体化している感じです。
僕も、次の日から練習中にリラックスをより意識して弾いています。
あと、生音で弾く事の重要性も感じたな。綺麗な音はやはり魅力ですからね。

さて、後半は
数曲四人でやってから山中さんが登場。
スタンダードを3曲かな。
マヌーシュ・スウィングとピアノのコラボレーション。

山中さんはオスカー・ピーターソンのスタイルなども研究しているピアニストとして有名なので、どうなるか楽しみにしていました。

バイオリンのティムがローゼンバーグトリオと山中さんとの橋渡し的な役回りで、凄く忙しそうだった(笑)

このコラボレーションは正直僕には少々「難しい」なあと感じました。
マヌーシュ・スウィングのリズムギターとピアノのコンピングが中々混ざらない印象を受けました。

ジャンゴはピアニストと共演するアルバムは沢山あるんですが、その場合リズムギターが居なくて、ドラムと言う編成が多いですよね。
コールマンホーキンスとジャンゴとピアノのステファン(笑)がやっているスターダストは最初は殆どステファンは何も弾いてなくて、ジャンゴのソロになるとストライド的なコンピングが入っていたような。

ジャズで言う、ドラムとピアノの役割をマヌーシュスウィングではリズムギターがやっているんですよね。
要するにコンピングをする上では、ピアノが新たに入るスペースが無いのかもしれません。

そう考えると、アドリブソロの時の方が山中さんもイキイキしていた様に見えました。

コンサートも終盤、ストーケロのソロからの nuages そしてティムのカデンツァからの coquette は素晴らしかったです。
日本じゃないみたいだったなあ。

アンコールは二回(笑)
こちらもサービス精神旺盛で、ありがたかった。

何処かでも書いたけど、静岡までの移動中にバスでストーケロとティムがセッションしていたと言う事が全てかもしれませんね。
日常の遊びに音楽がある、決して仕事の為ではなくて、楽しいから弾いている。そういう事を僕も大事にしたいなあと思います。

1362665580004.jpg

2013年3月 6日 (水)

ワークショップ受講者のロビー演奏

3/3日曜日、めぐろパーシモンホールにてストーケロ・ローゼンバーグトリオ with ティム・クリップハウスの公演がありました。

今回2/16に行われたトークショー、25に行われたティムのジャズバイオリンワークショップなど、この素晴らしいイベントに関わる事が出来て嬉しく思っています。
招聘元のプランクトンさん、どうもありがとうございました。

さて当日ですが、開演前にロビーにて日本のジャズマヌーシュプレイヤーによる演奏がありました。
その中で、ティムのワークショップ受講者による発表の場も(しかもトリ)設けて頂いたので、minor swing と C-jam blues を演奏しました。

遡る事2時間前、ワークショップ受講者の皆さんと早めに集まり、楽屋にて打ち合わせ。
minor swing のハモりを考えました。
パートを分け、三つのラインを作り、皆で演奏。
そうしていると、会場の係の方から「チケットセンターのスタッフが、演奏の音で電話が聴こえないと言っているので‥」と言われてしまいました(笑)
ここは、楽屋では無かった事に気付いたのです。
だって楽屋はストーケロ達が使ってるもんな(笑)
1362548857258.jpg
その後、会場での音出しを少し挟んでから、いよいよ本番。
開場30分後にも関わらず、多くの皆さんが席につかず、ロビーでの演奏を楽しんでおられました。

いよいよ、我々の演奏。
集まっていたお客さん達が、バイオリニストが何人も並んでいるステージを見て、興味津々の様子。

そうすると、ティム先生が登場!
生徒の演奏を開演数分前にも関わらず、見にきてくれました。

演奏は、皆さん本当に素晴らしかった。
2/25にワークショップの際に、生徒の皆さんが個人的にティムから指摘された事、教わった事をステージでやろうとしているのが伝わってきました。

練習した事を本番で出す事はとても難しいことです。
それを、5日足らずで皆さんの演奏が劇的に変化したのを見れて、嬉しかったですし、日本人のコツコツ努力できる素晴らしい所だと感じました。

ティムにも伝わっていたようで、本当に素晴らしいと言っていましたよ!
生徒の皆さん、本当に素晴らしい演奏をありがとうございました。

皆さん緊張していたと思いますが、ポジティブな姿勢でステージに立っていたのを見られて良かったです。

僕も、非常に勉強になりました。
リラックスとポジティブ、凄く大事な要素を再認識できました。


1362548863082.jpg


3/16(土曜日)阿佐ヶ谷クラビーア

大変申し訳ありません。
スケジュールに記入漏れがありました。

来週、3/16(土曜日)は阿佐ヶ谷のクラビーアにて久しぶりに西村俊哉(g)さんとデュオのライブです。

1362496887851.jpg


とにかく、アコースティックの良さを楽しんでいただける様にしたいと思っています。

バイオリンは生音の予定です、ぜひお越し下さいませ。
最近、ティムからの影響からか、目線を変えてグラッペリの後期の音源を聴いています。
難しい事はまったく無く、とても心地よい演奏です。

本当に素晴らしいなあと思います。

2013年3月 5日 (火)

ツアー情報とアコーディナ普及委員長の話。

3/23からのツアーが迫って来ています!
静岡の一日目は東京からでも行き来出来るような距離ですし、二日目は名古屋からでも。

そして、ツアーに関してのお知らせがあります。
同行するピアニスト川村健さんが、アコーディナ普及委員長として公演の中で演奏してくれるそうです。
僕のCDより彼のアコーディナアルバムが売れても文句は言いません(笑)

アコーディナ普及委員長、川村君のホームページはこちら
http://hatlune.jog.buttobi.net/

ぜひ、こちらもお楽しみに。

改めまして、静岡、名古屋、大阪、その周辺の方々、そしてバイオリンセッションのプレイヤーの方々、是非チェックして下さいね。


3/23(土曜日)-28(木曜日)
ジャズバイオリン北床宗太郎
Night&Day発売記念ツアー
with 川村健(p,accordina)小山田和正(dr)


3/23(土曜日)14:00open 14:30start-18:00
富士ケルン

ジャズバイオリンワークショップ&バイオリンセッション
18:30open 19:00start
夜のライブ
北床宗太郎(vln)川村健(p,accordina)小山田和正(dr)
ゲスト佐々木優樹(g)中司和芳(b)樽井直美(vln)
料金
ワークショップ&セッションのみ
2000円プラスオーダー
ライブのみ
前売り2500円 当日2800円
セット券
前売り3500円 当日3800円
http://www.fujinokuni.co.jp/cz/koln.htm
3/24(日曜日)12:30open 13:00start -16:30
昼 藤枝市駅前 タイム
ジャズバイオリンワークショップ&バイオリンセッション
料金 2000円プラスコーヒー(500円)
http://shizuoka.j47.jp/time/m
夜 焼津 駿河工房焼津展示場
18:00open 18:30start
ミニライブ(コーヒー付き)
北床宗太郎(vln)川村健(p,accordina)小山田和正(dr)
ゲスト佐々木優樹(g)中司和芳(b)樽井直美(vln)
前売り2000円 当日2300円
http://www.surugakobo.co.jp/gallery01.html
静岡のライブ、セッション、ワークショップについては
静岡ライブ、こちらワークショップの予約
まで!
3/25(月曜日)18:30open 19:30start
名古屋栄ドキシー
北床宗太郎(vln)川村健(p,accordina)小山田和正(dr)
ゲスト望月雄史(g)北浦ゆたか(b)
チャージ2500円プラステーブルチャージ(500円)
http://www.doxy.biz/
3/26(火曜日)19:00open 19:40start
大阪フィドルクラブ
北床宗太郎(vln)川村健(p,accordina)小山田和正(dr)
ゲスト川瀬眞司(g)中村尚美(b)
チャージ3000円(1ドリンク付き)
http://www.fiddle-club.com/
3/28(木曜日)18:30open 19:15start
新宿J
北床宗太郎(vln)川村健(p,accordina)寺尾陽介(b)小山田和正(dr)
2000円プラステーブルチャージ(500円)
http://www.jazzspot-j.com/

2013年3月 3日 (日)

ティムの趣味と練習について(ep10)

ティムはヒルラニングが趣味らしいです。オランダには小高い丘が多くあると言っていました。
よくイングランドに演奏ツアーに行くと走るそうです。

日本ツアーでも公園に走りに行っていたみたいですね、代々木公園かな。
なんか、皇居にもいったみたいですね。

練習は四時間以上はやらないとの事です。集中力もそうですし、
他の事にも時間を使いたい、何よりツアーなとで忙しいかららしいです。時間は限られている、その中でやらないといけない。
だけど、ツアーバスで今回もストーケロとセッションしたり、演奏に対してやっぱり貪欲なんだなあと思います。

と言うか、弾きたいと言う欲求に忠実なんでしょうね。音楽をすると言う事がごくごく普通の日常と言った感じ。
朝起きて顔洗ったりするのと同じで。

練習と言う意識で楽器を触るのも大事だけれど、どれだけ楽器と自然に触れ合えるかも同じ位重要ですね。

2013年3月 2日 (土)

明日は16:00目黒パーシモンホールで会いましょう!ストーケロの最終日。

明日はいよいよ、ストーケロ・ローゼンバーグトリオ with ティム・クリップハウスのツアー最終日です。
目黒のパーシモンホールにて!

今回、ご覧になったほとんどの方が、感動し、賛辞しています。
ストーケロは勿論の事、ティムの素晴らしさを皆さん口にしてますね。
嬉しい事です!
さあ、一体どんなコンサートになるのやら、ワクワクしますね。
明日はティムのワークショップの生徒の方々とロビーで演奏させて頂きますよ。
時間は16:00-45です。
他に、ジャンゴ・ラインハルト研究会(伊東伸威(g)、山本佳史(g)、川又瑞代(vln)、北島健次(b))、石内幹子(vln)、河野文彦(g)、手島大輔(g)ユニットが出演との事。
とにかく、皆で楽しんでやりたいなあと思っています。
盛り上げたいですね、最後ですから。

一度行った人は、絶対行くべきだと言っています。それほど素晴らしいんでしょうね。
明日当日券もあるみたいなので、是非行きましょう!
ジャンゴとステファンを好きな方も、超絶テクニックを見たい方も(笑)
素晴らしい一日なると思います。


http://www.plankton.co.jp/rosenberg/index.html

2013年3月 1日 (金)

2013J1-順位予想

1-名古屋
2-鹿島
3-磐田
4-柏
5-広島
6-川崎
7-浦和
8-大宮
9-仙台
10-FC東京
11-鳥栖
12-C大阪
13-横浜
14-新潟
15-湘南
16-清水
17-甲府
18-大分

ACL組は毎年良い結果が出て居ないので、優勝から外しました(浦和、広島、柏、仙台)
ケネディが居なくても、藤本が攻撃的ポジションで活躍し、玉田も好調。矢野、牟田などの新加入組も期待できる!優勝は名古屋。
鹿島はダヴィ、大迫は強力!課題は左サイドの守備と見た。特にジュニーニョの守備力は懸念材料。
磐田は、前評判低いけど、ポテンシャル高い選手多いので、飛躍を期待しての三位予想。
あと、毎年残留争いの常連、大宮が遂にブレイクの予感。ズラタン、ノヴァコヴィッチの2トップは凄く魅力的。
後、下の方はあんまり詳しくないけど、大分は単純に去年のJ2で六位って所から見ても厳しいだろうなと、甲府もエースストライカーが抜けたしね。
清水に関しては、まあ無いとは思うけど、一つ間違えれば危険と言う事で。
だけど、下位3チームが全てJ2からの昇格組って事もあり得る気がする。

ティムとステファンの話をした(ep9)

さて、2/16のトークショーが行われた時に、僕はステファン・グラッペリのスタイルについて質問された時に、グラッペリらしいリックやフレーズはあるし、そこも切り取れたりするんだけど、モダンジャズでいえば、スタン・ゲッツの様に、最初から最後まで全てで、ステファン・グラッペリなんだと言う風に説明しました。

ティムの話の中でスタン・ゲッツの名前が出て来た時に少しビックリしました。
スタン・ゲッツ、ジョー・パス、オスカー・ピーターソンなどの名前が出て来て、自分と共通点が多いなあと思いました。

彼のステファン・グラッペリの好きなアルバムはバーニー・ケッセルと演奏した作品らしいです。
僕はオスカー・ピーターソンと演奏しているスコールをあげたら、彼も「良いね」と答えました。
後は、ジョー・バスとペデルセンとやったチボリのライブもお気に入りらしい。

続く

ジャンゴの影響力(ep8)

ジャンゴについて少し話がありました。と言うより、彼の影響力についてです。
マヌーシュ・スウィングのギタリストはジャズスタンダードを知らない事も多いらしいです。
要するにジャンゴの演奏した曲ならばしっいるのですが、それ以外はあまり聴かないみたいなのです。

オリジナルメロディを大事にしようと言う話をティムがした時に、こんな事を言いました。
「ジャンゴがコールポーターのJust one of those thingsと言う曲をレコーディングした時、ブリッジのハーモニーをどう言う訳が違う進行でやってしまった。」
それ以来、マヌーシュギタリストは違うこのコード進行で、いまも演奏し続けているらしいです。

最近の若手のプレイヤーは、色んな音楽を聞いているので、そういう事もなくなってきているかもしれませんが、ジャンゴの影響力を感じさせる思わぬエピソードでした。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »