フォト
無料ブログはココログ

ジャズバイオリン

« ジャンゴの影響力(ep8) | トップページ | 2013J1-順位予想 »

2013年3月 1日 (金)

ティムとステファンの話をした(ep9)

さて、2/16のトークショーが行われた時に、僕はステファン・グラッペリのスタイルについて質問された時に、グラッペリらしいリックやフレーズはあるし、そこも切り取れたりするんだけど、モダンジャズでいえば、スタン・ゲッツの様に、最初から最後まで全てで、ステファン・グラッペリなんだと言う風に説明しました。

ティムの話の中でスタン・ゲッツの名前が出て来た時に少しビックリしました。
スタン・ゲッツ、ジョー・パス、オスカー・ピーターソンなどの名前が出て来て、自分と共通点が多いなあと思いました。

彼のステファン・グラッペリの好きなアルバムはバーニー・ケッセルと演奏した作品らしいです。
僕はオスカー・ピーターソンと演奏しているスコールをあげたら、彼も「良いね」と答えました。
後は、ジョー・バスとペデルセンとやったチボリのライブもお気に入りらしい。

続く

« ジャンゴの影響力(ep8) | トップページ | 2013J1-順位予想 »

ジャズバイオリンメソッド(バイオリンセッション)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363715/49750924

この記事へのトラックバック一覧です: ティムとステファンの話をした(ep9):

« ジャンゴの影響力(ep8) | トップページ | 2013J1-順位予想 »