フォト
無料ブログはココログ

ジャズバイオリン

« 491ハウスは気軽にお越しを。 | トップページ | ティムとステファンの話をした(ep9) »

2013年3月 1日 (金)

ジャンゴの影響力(ep8)

ジャンゴについて少し話がありました。と言うより、彼の影響力についてです。
マヌーシュ・スウィングのギタリストはジャズスタンダードを知らない事も多いらしいです。
要するにジャンゴの演奏した曲ならばしっいるのですが、それ以外はあまり聴かないみたいなのです。

オリジナルメロディを大事にしようと言う話をティムがした時に、こんな事を言いました。
「ジャンゴがコールポーターのJust one of those thingsと言う曲をレコーディングした時、ブリッジのハーモニーをどう言う訳が違う進行でやってしまった。」
それ以来、マヌーシュギタリストは違うこのコード進行で、いまも演奏し続けているらしいです。

最近の若手のプレイヤーは、色んな音楽を聞いているので、そういう事もなくなってきているかもしれませんが、ジャンゴの影響力を感じさせる思わぬエピソードでした。

« 491ハウスは気軽にお越しを。 | トップページ | ティムとステファンの話をした(ep9) »

ジャズバイオリンメソッド(バイオリンセッション)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363715/49750594

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンゴの影響力(ep8):

« 491ハウスは気軽にお越しを。 | トップページ | ティムとステファンの話をした(ep9) »