フォト
無料ブログはココログ

ジャズバイオリン

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

491ハウスは気軽にお越しを。


土曜日は東急みなとみらい線、元町・中華街駅から徒歩二分の雰囲気の良い所でライブです。
ここはご飯も美味しいし、お酒も沢山あるし、店員さんも程よい距離感で接してくれますよー。

この距離感って大事だなあと思います。
演奏も同じか(笑)
まだ来た事の無い方は、ぜひ一度お越しください。
土曜日お暇な方はぜひ!
そのタイミングで、距離感を味わいに。

3/2(土曜日)19:30-
元町・中華街491ハウス
野内遼介(g)黒沢綾(vo)
チップ制
http://www.asahijazz.net/liveinfo/491.html

雲とツーファイブ(ep7)

全体的にはやはりハーモニーの事ですね。
曲の原曲メロディと共に、ハーモニーを把握する必要があり、トニック、サブドミナント、ドミナントに対する考えを一つずつ言っておりました。

興味深かったのは、例えばG7と言うコードで言うと、ティムはG7雲の中から使える音を取り出すイメージと言っていた事。
そして、それがAb7になったら、また違う雲の中から取り出すらしい。
だから、それぞれ歌う事が違うらしい。

後は、ツーファイブワンの事ですね。
特にツーの所に対して注意深く聴いていた様に思います。
普通、ファイブに話の重心が置かれる気がしますが。
やはり、フレーズの始めと終わりが大事だと!グラッペリの名言を引用してました。

続く

Jリーグ開幕前の楽しみ。(順位予想前の考察)

さてさて、Jリーグ開幕ですな。
久しぶりにスポーツネタ書きますが
順位予想!
願いは勿論。
グランパス一本ですよ!

どれ位当たるのか分かりません。しかも、各チームのキャンプを観たわけでもありません。
選手、監督の入れ替わり、去年までの内容を踏まえて予想します。
だけど、評論家より当たるかも(笑)
元所属チームを下位にするわけにはいかないしね。しがらみだらけだからなあ。

今年のACL組は広島、柏、浦和、仙台。毎年ACL組は優勝していないので、今回も一位からは外します(大胆)

では、J2からの昇格組はどうか?
甲府、湘南、大分。
ダヴィが離脱した影響が出るであろう甲府。湘南、大分は選手をみると微妙かなあ。一昨年の柏、去年の鳥栖の様なチームは出にくいかもね。
この中で上に行きそうなのは、甲府かなあ。ダヴィだけで勝てるほどJ2も甘くないだろうし。

と言う事で、具体的な順位予想は明日にします。
J2もやりたいですが。年に一度の楽しみとして今年から2つやろうかなあ。

皆さんも、予想してみてください。
トップ3と下位3チームだけでも楽しめるはずです。

2013年2月27日 (水)

先生の洞察力(ep6)

一人一人の特徴を読み取るのが早い。
ティムの洞察力は凄かった。
演奏中の身体の動き(癖)をみて、
「あなたは怪我をした事がありますか?」と言ったりして、それが当たってました。

あと、ボーイング以外の他アクションをなるべくしない様にと何度か言っていましたね。

ビブラートの練習の時も、生徒のビブラートの浅さに気づき、すぐ例を見せ始めていたし。とにかく、先生として凄くレスポンスが良く、具体的な練習法が沢山出てきました。

続く

ジャズバイオリンWSグループレッスン(ep5)

さて、グループレッスン!
マスタークラスは見学、聴講生に出来るだけ近く寄る様に言っていましたが、グループレッスンは円を描く様に広がり、弓が隣の人に当たらない程度離れてレッスンが始まりました。

1361929098914.jpg


C-jam bluesをやり、ワンコーラスずつ回し、その後1人づつアドバイスを貰いながら演奏していきます。

ちょっとした一言で劇的に演奏が変わったり、音量や主張が強くなったりしていました。
あと「このレッスンでは謝ったり、申し訳なさそうな表情だけはしないで欲しい」「これはワークショップなのだからね」とティムが言いました。

ステージで自分が観たいと思うようなプレイヤーの振る舞いを自分でしようと言う事でした。

もし、ステージで申し訳なさそうな表情をしながら演奏する人を観たら、その音楽は楽しくないでしょうと。

彼は勿論日本人の謙虚は姿勢を分かった上での発言でした。
だからこそリラックスして、椅子に身体を委ね、弾くマネをして緊張している生徒を解していました。

続く

ティムが弾くグラッペリリックにビックリ(ep4)

マスタークラスを総合して、ティムが何に言及した事が多かったでしょうか?
やはり、ハーモニーです。
コード進行を理解して、適切な音を選ぶ作業の重要さを幅広い表現で伝えようとしていました。

ドミナントセブンスコードで、三度を下げる音は良くない、ブルーノートスケールの中の音では問題ない。
ブルーノートスケールは降りる方が使いやすい、クロマチックは上ってよし、降りてよしなどなど。

まあ、あまりに内容を話すのも、費用を払って頂いた生徒の皆さんに悪いので、小出しにしておきます(笑)

ちなみにワークショップ中、何度かグラッペリがどう弾いたかと言う例を見せてくれたのですが、生徒達から感嘆の声と拍手が思わず出ておりました。
音質や、スウィング感、滑らかさ、ビブラート。
どちらかと言うと、後期に似てたかなあ。
ジャズの世界ではパーカー・フレーズ(チャーリー・パーカーのお馴染みフレーズ)なるものが存在しますが、
こちらはまさにグラッペリ・フレーズの連続でした。

続く

2013年2月26日 (火)

ジャズバイオリンWS(ep3)

ティムの中でテーマのメロディを歌うのが上手いのは、ベン・ウェブスターだと言っていました。
間があり、そして同じ事はしないと言っていました。いつも、テーマが違う表現だと。

ワークショップの中で、沢山名プレイヤーの名前が出て来ましたが、
ルイ・アームストロング、ベニーグッドマン、スタン・ゲッツなどバイオリン奏者以外では、管楽器奏者が多かったですね。
アーティキュレーションや、アクセント、そして間の話になると管楽器奏者を例に出していました。
息継ぎをしないと、管楽器奏者は死んでしまうから、バイオリンにもブレスが大事であると。
アクセントはマヌーシュ・スウィングにおいて非常に魅力的な技法であると、何回も言っていました。
弓の幅は小さくする事も大事で、演奏中肩が上がったり、首を曲げるなどの"無駄"なアクションを嫌っているようです。それは何故か。そういうアクションを弓のコントロールに集中させたいからです。

ちなみに彼にとって大事なバイオリニストの名前を2人挙げるとすれば、
ステファン・グラッペリと、ジャン・リュック・ポンティだそうです。

続く

ティムWSテーマのメロディを知る(ep2)

さて、ブレイクを挟みマスタークラス二人目が始まりました!
曲はLady be good。


一つここで、ティムから大事な指摘がでます。
テーマのメロディがいつも同じ様にならないように。ティムはテーマを二回聞いてそこに気づいたようです。
更に「シンガーが歌っているこの曲を聴いた事がありますか?」とティムは尋ねます。
毎回フェイク時に原曲に無い音が入っていると指摘し、
どんなスタンダードでもピュアな原曲のメロディが大事で、それを勉強する事の重要さを説いていました。

そして、そこから崩す時はリズムを早くしたり、止まったり、長く伸ばしたりなど、具体的に見せてくれます。
確かに、毎回違うテーマのメロディだったなあ。

ティムの洞察力は勿論、普段何気なく弾いていしまいがちなテーマを取り扱うその姿勢に感心させられっぱなし。そして、その重要な一言一言について行くので必死な通訳でした。

続く
1361880606032.jpg

ティムWS驚きの練習方法(ep1)

まずはマスタークラスです!


通訳は大変恐縮ですが、私が務めさせて頂きました。
皆さん、拙い通訳で申し訳ありませんでした(汗)

さて、ティムと生徒によるマンツーマンの個人レッスンを見学出来るとあって、早くから沢山の聴講者が集まっていました。
1361879615607.jpg
ティムが生徒にやりたい曲を聞き、マイナースウィングが始まりました。
マイナーコード上で、メジャーセブンスの音が大事であるとか、四度マイナーの色合いが違う事など丁寧に分かりやすく。

あと、右手の特に人差し指の使い方を入念に説明していましたね。
アクセント、アーティキュレーションにおいてこの人差し指の使い方は個人的にも勉強になりました。
これは、マヌーシュ・スタイルには欠かせない技術だと思います。

やはり1番面白かったのは、ハーモニーについてと、そよ練習の仕方についてです。

これが、あまりにクリスチャン・ハウズのメソッドと似ており、思わずクリスのワークショップに参加した事のある参加者と笑ってしまいました。

偉大なプレイヤーは、スタイルは違っても、同じ様な事を考えているのかもしれません。

後は、ストーリーを語る様に、大きな声、小さな声。
速く、遅くなど話す緩急についても触れていました。

まあ、全ては語り尽くせないのですが、とにかく興味深い事が沢山あったんですよ。まだ、前半戦なのにね。

続く

ティム・クリップハウスワークショップ(エピソード0)

ワークショップにお越し頂いた皆さん、どうもありがとうございました!
まず、お礼を。そして、これから昨日の出来事を少しずつアップして行こうと思っています。

まずは、ワークショップ前の事。
エピソード0です。

三時半に渋谷へ。
事前に質問・タイムスケジュールなども用意しつつ、プランクトンにティムを迎えに行きました。

初めて会ったけど(スカイプでは会ったけど)、とても温厚でフレンドリーな人です。オランダの人ってもっと背の高い人かと思ってたけど、そうでもなかった。

本人も今回のワークショップをとても楽しみにしていた様で、駅に向かう途中も僕の活動の事や、日本人がマスクしてる人多いとか、漢字にも興味があるとか、グラッペリのアルバムではどれが良いかとか、色々話しました。

渋谷から五反田、そして池上へと電車移動だったんだけどティムは液晶パネルに映る外の風景が気に入ったみたい。
車中マスタークラスの生徒の打ち合わせや、どういう流れになるかの確認などをしたりしたんだけど、とにかくリラックスしたワークショップにしたいと言っていました。

なんだかんだで、池上スター楽器ショールームに着いたのは、開始5分前(笑)大慌てで用意した!
そして、素晴らしいワークショップ。
まずマスタークラスが始まりました。

続く

2013年2月24日 (日)

明日はティム・クリップハウス、ジャズバイオリンワークショップ

今日は静岡でのストーケロ・ローゼンバーグ・トリオ初演でしたね。
沢山の人だったみたいで何よりです。

さて遂に明日になりました、ティム・クリップハウス、ジャズバイオリンワークショップ。

ワークショップ参加者のみならず、レッスンの見学希望者も多く連絡頂いています。
ありがとうございます。
間近でティムの演奏を聴けると言う事で、クラリネットやマンドリンでの参加希望もありました。

グループ・レッスン枠は若干余りがありますので(見学・聴講枠も)、明日やっぱり行ってみようかなと言う方はぜひご一報下さい。
必ず良いワークショップになると思います。

ジャズバイオリン・ワークショップ

日時・2013年2月25日(月曜日)

場所・スター楽器 池上・ショールーム 2Fホール
http://www.stargakki.com/showroom/map.htm
山手線「五反田駅」から
「東急池上線」に乗り換え、蒲田方面およそ20分「池上駅」下車。

東京駅から京浜東北線で横浜方面へ20分
「JR蒲田駅」で「東急池上線」乗り換え。
「池上駅」下車。

駅前三菱東京UFJ銀行交差点を左。スーパーオオゼキ横。

コース・

グループレッスン(定員20名) 残僅か
(19:30-22:00)

マスタークラス(定員2名) 決定しました!
(17:00-17:50,18:00-18:50)
(グループ・レッスン参加者の聴講可能)

見学・聴講枠

料金
コンサートチケット購入者(必ず受付の際にご提示下さい) 

グループレッスン- 3,500円 残僅か
(マスタークラス聴講可能)

マスタークラス---10,500円 決定しました
(グループレッスンも受講可能)
(各50分レッスン)

コンサート・チケット未購入者

グループレッスン- 6,500円
(マスタークラス聴講可能)

マスタークラス----なし

見学・聴講 2,000円 残あり

受講お申し込みは

1/ご氏名(フリガナも)

2/ご希望コース

3/コンサート・チケットの有無(ワークショップ当日購入予定など)

4/バイオリン経験(何年)

5/ご連絡先(メールアドレスと携帯電話の番号)

6/運営へのご要望・ティム氏への質問など、何でも


をご記入頂き、
件名「ティム・クリップハウス」と明記の上
下記アドレス(コーディネート担当・ジャズバイオリニスト北床宗太郎)
までお送り下さい。
ティムワークショップメール

受付の際に、ワークショップ代金を「お釣りの出ない形」でご用意頂ければ大変幸いです。ご協力よろしくお願いします。チケット購入予定の方はそちらも同じく「お釣りの出ない形」でお願いします。

あと、ティム・クリップハウスのステファン・グラッペリ教則本をお持ちの方は是非ご持参下さい。

16:30開場

17:00からマスタークラス開始
(見学可能です。)
19:00にマスタークラス終了
30分間の休憩を挟み
19:30からグループレッスン
終了は
22:30を予定しています。

ティムがグラッペリをどう考えているのか、
そして即興演奏をどう捉えているのか、根掘り葉掘り聞いてみようと思います。
ジャズバイオリンをやっている方は必見、それ以外のティムやグラッペリに興味のある方もぜひお越しください!

2013年2月19日 (火)

今夜は甘党ピアニストとのライブです。

中々外に出辛い天気ですね。
体調を崩されている方もいらっしゃるので皆さん、お気をつけ下さい。

お元気な方々!

今夜は久しぶりドンファンでのライブです。

今日は雪が降っていて、寒いでので厚着でお越し下さいませ。 お待ちしています。

甘党なピアニスト、今日はどんな事をやってくれるのでしょうか?(笑)


大塚ドンファン20:30-

with 川村健(p)

「人生はコーヒーゼリーの様には行かない」と語り、食す川村氏(笑)
1361247787691.jpg

2013年2月18日 (月)

バイオリンセッションでしたよ

今夜は二月のバイオリンセッションでした。
寒かったからか、少なめの参加でしたが、
かなり内容の濃い演奏が聴けましたね。

ファンクもやりましたし、難曲も。
アコーディナも聴けたし、最後はマイナースウィングでした!

小山田さんも参加ありがとうございました!

来月は3/17蒲田スター楽器、前半フリーインプロの講座、後半はセッションです!
どうぞよろしくお願いします。

1361115376771.jpg

2013年2月17日 (日)

松戸コルコバード、戸定歴史館

1361092455484.jpg
松戸コルコバードでのライブは、生音で。響きも良いお店と言う事もあり、最近生音の重要さを感じています。
やっぱりニュアンスが凄く伝わりやすいみたい。
初共演のピアノ田中和音さんも素晴らしく、気持ち良く演奏できました!
ボーカルの桃井さんはライブ自体の進行を滑らかにしてくれます。紹介も、演奏もバランスが良くて楽しかったなあ。

お店の雰囲気も良く、沢山の方にまた次もと言ってもらえました、ありがとうございます。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~jazz-bossa-corcovado/index.html

二日前に以前演奏した事のある素晴らしい庭園、松戸戸定歴史館の方から再度公演オファーを受けておりまして、コルコバードにも皆様お越し頂きました。
ありがとうございます!
と言うわけで、3/30(土曜日)松戸戸定歴史館にてお昼から演奏をします!

http://www.city.matsudo.chiba.jp/index/profile/shisetsu-guide/rekishi/tojo.html

前回の写真!
凄い景色!そりゃ演奏に合わせて鳥達も歌い出しますよね。これ、本当の話です。
1361092462755.jpg

2013年5月スケジュール(舞台スケジュール追加)

5/4(土曜日)14:00-
吉祥寺サムタイム
with 西村俊哉(g)手島大輔(g)阿部恭平(b) guest 川村健(accordina)

5/6(月曜日)19:00-
渋谷クロコダイル
イベントライブ
2000円

5/12(日曜日)19:30-
元町・中華街491ハウス
with 川村健(p)笠原本章(b)
チップ制

5/13(月曜日)19:15-
新宿J
with 川村健(p)寺尾陽介(b)小山田和正(dr)

5/16(木曜日)20:00
錦糸町アーリーバード
西村俊哉ジプシースウィングバンド
3000円

5/22(水曜日)21:00
名古屋・栄月うさぎ
with 湯田大道(g)
男性6000円 女性3000円
詳しくは月うさぎにお問い合わせを

5/23(木曜日)19:00-
名古屋・久屋大通アッコルダトゥーラ
with
1000円

5/24(金曜日)19:30
三鷹unamas
with 西村俊哉(g)手島大輔(g)阿部恭平(b)
2500円

5/25(土曜日)18:00-
もでらあと(静岡県清水区)
北床宗太郎(vln)手島大輔(g)
Guest 樽井直美(vln)
1500円 ミニライブです
http://www3.tokai.or.jp/moderate/

5/26(日曜日)18:30予定
バイオリンセッション
with 鷲尾広太(g)千葉広樹(b)

5/29(水曜日)-6/2(日曜日)
演劇舞台・生演奏
Kamakaji Lab 主催
舞台「RADIO 311」

http://sotaro-vln.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/529-62-77d4.html

5/29(水曜日)1回目16:00- 2回目19:30-
5/30(木曜日)1回目16:00- 2回目19:30-
5/31(金曜日)1回目12:30- 2回目16:00- 3回目19:30-
6/1. (土曜日)1回目12:30- 2回目16:00- 3回目19:30-
6/2. (日曜日)1回目12:30- 2回目16:00-

チケット 前売り 4,000円 当日 4,500円
以下アドレスにてご予約お願いします。
北床宗太郎専用予約サイトです。
http://ticket.corich.jp/apply/44544/026/

2013年4月スケジュール

4/14(日曜日)お昼
阿佐ヶ谷スウィングウォーク
with 梶原圭恵(vln)玉木勝(b)

4/14(日曜日)19:30
元町・中華街491ハウス
with 梶原圭恵(vln)玉木勝(b)

4/16(火曜日)20:00-
錦糸町アーリーバード
西村俊哉(g)ジプシースウィングバンド
3000円

4/18(木曜日)19:15-
新宿J
with 川村健(p)生沼邦夫(b)小山田和正(dr)

4/20(土曜日)お昼
春日部ジャズ
with 西村俊哉(g)阿部恭平(b)

4/21(日曜日)19:00-
千歳烏山Tubo
バイオリンセッション
with 川村健(p)伊知地大輔(b)
1500円

4/22(月曜日)21:00-
名古屋栄月うさぎ
with 湯田大道(g)

4/24(水曜日)19:00-
アッコルダトゥーラ
with 増田涼一郎(g)

4/27(土曜日)19:30
福生ムーンタム
西村俊哉(g)ジプシースウィングバンド

4/28(日曜日)13:30-15:30のどこがで
箱根ヶ崎耕心館
山野草まつり
川村健(key)小山田和正(per)

4/28(日曜日)18:00open 19:00start
分倍河原 風
川村健(key)小山田和正(per)
2800円(1drink付き)

2013年2月16日 (土)

四谷いーぐる・ジャンゴとグラッペリについてのトークショー

今日は四谷いーぐるにて、ストーケロ・ローゼンバーグ・トリオwithティム・クリップハウスの来日記念トークイベントでした。
開場前はこんな感じ、

1361006196763.jpg

ジャズ評論家の村井さん、音楽評論家の松山さんとも初めてお会いしました。

本番前の一コマ


1361006212752.jpg

手島君、河野君です。
マヌーシュスタイルのミュージシャンとして参加です。

二部では演奏もしました!

1361006217318.jpg

完全生でしたが、沢山の方に聴いて頂けて嬉しかったです。
ローゼンバーグトリオの来日が待ち遠しいですね。
楽しみです!

バックボーンに興味を持つ事

ティム・クリップハウス氏のワークショップまで残すところ10日になりました。

ステファン・グラッペリのスタイルを中心にレッスンは進むと思いますが、30-90年代まで活躍したプレイヤーですから時期によって彼の演奏が違うのも興味深い点ですよね。
全てのジャズバイオリニストにとって、ジャズバイオリンと言うジャンルをより掘り下げる意味でも、グラッペリのスタイルを学ぶと言う事はとても貴重だと思います。
自分の中でイマイチ演奏に新鮮味が持てなくなっている方や、新しい演奏を模索している方にも良い刺激になるでしょう。

何がカッコ良いのか、何が心地良いのか、世の中のトレンドは常に変化しています。それは自然な事だと思いますし、現在活躍しているジャズバイオリニストの演奏も常に変化しています。
ただ、そのプレイヤー達に影響を与えたのは、ステファン・グラッペリであり、エディ・サウスであり、ジョー・べヌーティであり、スタッフ・スミスであると思います。勿論、バイオリニスト以外もいるでしょう。

ジャズをやり始めた時に、チャーリー・パーカーを聴きなさい、コピーしなさいと言う話を沢山聴かされました。
やはり、そこにはジャズの言語が詰まっていますし、リズム、アーティキュレーションなどジャズをやる上で必要な内容が沢山あります。

バイオリニストって音感が優れた人が多いと思います。幼少から音楽教育を受けた人が多いからだと。
音感があると、ジャズの即興において、耳で斬新な音の並びなどが演奏出来る利点がある一方で、
それだけに頼りがちな演奏になり、裏付けの無い音の羅列になってしまう事も多いです。
ジャンゴやステファン程の音感があれば別ですが、やはりそういう素晴らしいプレイヤーのコピーや、解析をする事で裏付けのある音を増やす事が出来るでしょうから、自分の演奏にも良い影響があるのでは無いかと思います。

僕がジャズバイオリンをやり始めてから、色んなバイオリニストの方々のレッスンを受け、練習法のアドバイスも頂きました。
里見さん、中西さん、ジョンブレイクさん、定村さん、ティムボメルシュタインさん、クリスチャンハウズさん。
皆さん他人には無いその方の魅力があって、その演奏を聴く度にいいなぁと思います。
今の自分には誰か1人欠けてもなれなかったです。
自分は単純にその魅力的な演奏のバックボーンに興味があるのです。
どうやってそのプレイヤーの演奏がなりたっているのか。
そういう作業から学ぶことが重要だと思っています。

今回のティム・クリップハウス氏はグラッペリスタイルを掘り下げている、世界的なプレイヤーです。
彼の演奏を聴くとグラッペリエッセンスをとても感じるんですが、
やっぱりその中でもティム自身の個性が随所に見られます。
特にグラッペリとは異なる浮遊感が随所にあります。テーマでもソロでもメロディラインを聴かせるのが上手いな〜と思います。

また、自分が彼の様になりたい、弾きたいかどうかは別の話です。
それは、自分が決めることですからね。だけど、彼のバックボーンに本当に興味があります。

ジャズバイオリニストの皆さん、好き嫌いでは無く(笑)是非うけてみて下さい。
必ず、自分の演奏に役に立つ時がくるはずです。
僕も含めてですが、先人から学ぶべきモノは沢山あります。

最後に素晴らしいジャズバイオリニスト、クリスチャン・ハウズのジプシースウィング、マイナースウィングの動画を紹介します。
ホットラクラブスタイルを愛する人にとっては多少違和感あるでしょう。
エレクトリックなサウンドですしね。

しかし、特筆すべき点は、冒頭彼はしっかりクラシカルなジプシースウィングのリックを使って導入部を聴かせ、そこからクリスチャン・ハウズらしい超絶な演奏に繋げている所です。
クリスはクリスです(笑)

彼は最近リーシャルガリアーノを迎えてラテンアメリカの曲を取り上げたアルバムを作りましたが、そこでもその土地の音楽に対する愛情や、知識の広さを示しています。

良いプレイヤーと言うのは、そういう懐の深さを感じさせますね。
見習わないと行けないと感じています。
http://www.youtube.com/watch?v=pId_m1J58pk

では、ぜひ2/25(月曜日)ワークショップでお会いしましょう。お申し込みはこちら!
http://sotaro-vln.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/225-f2cc.html

2013年2月13日 (水)

ミュージックバードでライブが放送されます。

12月に新宿Jで行なわれたライブの模様が、衛星デジタルラジオのミュージックバードにて放送されます。

2/16(土曜日)です!
http://musicbird.jp/programs/live-works/

沢山のお客さんにお越し頂いたライブでしたね。
放送が楽しみです。

明日からのライブです、ご覧ください。

さて、明日は関内アドリブにてライブです。
ドラムレスのトリオライブ楽しみです。
そして、金曜日は松戸です!桃井さんのグループで、ステキな歌をお楽しみください。
土曜日は昼間はトーク・イベント、夜は飯能で久しぶりの立木久美子ライブです。
日曜日はバイオリンセッション!久しぶりに寺尾君の登場です。
2/14(木曜日)19:30
関内アドリブ
阿部恭平(b)増田実裕(p)北床宗太郎(vln)
2500円
http://www.jazz-adlib.info/

2/15(金曜日)20:00-
松戸コルコバード
桃井まり(vo)グループ田中和音(p)寺尾陽介(b)小山田和正(dr)
2000円
http://www7b.biglobe.ne.jp/~jazz-bossa-corcovado/index.html

2/16(土曜日)15:30
四谷ジャズ喫茶いーぐる
ストーケロ・ローゼンバーグ・トリオ来日記念
トークイベント
1000円
http://www.jazz-eagle.com/

2/16(土曜日)19:00
飯能east court
立木久美子
2000円
http://www.east-court.com/

2/17(日曜日)
千歳烏山Tubo
バイオリンセッション
川村健(p)寺尾陽介(b)
http://www.geocities.jp/tubo_kuma/r/flame.html

2013年2月 5日 (火)

前回のアーリーバードから間も無いですが

今日は二月のアーリーバードです!
前回の写真を載せたいと思います。


1360031021522.jpg
ギターのブルーノが遊びに来てくれたんです。

1360031027806.jpg
バイオリンの柴さんも。

1360031029817.jpg
バイオリンの金光さんも。

普段ジプシースウィングを演奏しないお二人も、楽しそうにセッションしてた!
西村さんのバンドは月一度同じメンバーでやっているので、サウンドもよくなっています。

今日も8時から錦糸町アーリーバードにて。
ぜひ、遊びに来て下さい。


1360031031763.jpg

2013年2月 4日 (月)

ジャズバイオリン北床宗太郎レコ発ツアー概要(静岡、名古屋、大阪、東京)

1359904377655.jpg

ジャズバイオリニスト北床宗太郎
1stアルバムnight&day発売ツアー
with 川村健(p)小山田和正(dr)

3/23(土曜日)14:00open 14:30start-18:00
富士ケルン

ジャズバイオリンワークショップ&バイオリンセッション

18:30open 19:00start
夜のライブ
北床宗太郎(vln)川村健(p)小山田和正(dr)
ゲスト佐々木優樹(g)中司和芳(b)樽井直美(vln)
料金
ワークショップ&セッションのみ
2000円プラスオーダー
ライブのみ
前売り2500円 当日2800円
セット券
前売り3500円 当日3800円
http://www.fujinokuni.co.jp/cz/koln.htm
3/24(日曜日)12:30open 13:00start -16:30
昼 藤枝市駅前 タイム
ジャズバイオリンワークショップ&バイオリンセッション
料金 2000円プラスコーヒー(500円)
http://shizuoka.j47.jp/time/m
夜 焼津 駿河工房焼津展示場
18:00open 18:30start
ミニライブ(コーヒー付き)
北床宗太郎(vln)川村健(p)小山田和正(dr)
ゲスト佐々木優樹(g)中司和芳(b)樽井直美(vln)
前売り2000円 当日2300円
http://www.surugakobo.co.jp/gallery01.html

静岡のライブ、セッション、ワークショップについては
静岡ライブ、ワークショップの予約
まで!

3/25(月曜日)18:30open 19:30start
名古屋栄ドキシー
北床宗太郎(vln)川村健(p)小山田和正(dr)
ゲスト望月雄史(g)北浦ゆたか(b)
チャージ2500円プラステーブルチャージ(500円)
http://www.doxy.biz/

3/26(火曜日)19:00open 19:40start
大阪フィドルクラブ
北床宗太郎(vln)川村健(p)小山田和正(dr)
ゲスト川瀬眞司(g)中村尚美(b)
チャージ3000円(1ドリンク付き)
http://www.fiddle-club.com/

3/28(木曜日)18:30open 19:15start
新宿J
北床宗太郎(vln)川村健(p)寺尾陽介(b)小山田和正(dr)
2000円プラステーブルチャージ(500円)
http://www.jazzspot-j.com/

2013年2月 3日 (日)

北床宗太郎・名古屋・ジャズバイオリン教室・レッスンについて(中日文化センター音楽教室)

1359886523407.jpg

名古屋・栄・中日文化センター音楽教室でのレッスンについて
(名古屋・ジャズバイオリン・レッスン)
★北床宗太郎のジャズ、ポピュラーバイオリン・エレキバイオリン レッスン

●レッスン曜日・時間:月1回
(原則)第3又は4火・水曜日です。
火曜・水曜10:00〜20:00
(空き時間等お問い合わせください。)
℡:052-261-4366・052-263-7130
●レッスン 形 式 : 個人レッスン60分

●レッスン 内容 : 東京を拠点に活躍するジャズ・バイオリニスト北床宗太郎が月に一度名古屋にて行うレッスン。
本格的にジャズの即興演奏を学んでみたいという方や、クラシック以外の音楽を楽しみながらより良い演奏を目指したい方、
エレクトリックバイオリンを用い、エフェクターなどを使用したロック・ファンクなどを演奏したい方。
初心者から経験者まで楽しく、やりがいのあるレッスンです。
月に一度のレッスンでは次回までの目標設定を置き、レッスン終了後、練習する内容に関しての質問などをメールで受け付けています。

次回レッスンまでの期間のフォローを行っており、
必要な場合、練習音源も送付します。
楽しみながら、音楽的で、クリエイティブな演奏を目指しましょう!

●レッスン 回 数 : 月1回(レッスン日は講師が決定)
●レッスン 会 場: 中日文化センター音楽教室

●住 所 : 名古屋市中区栄4-1-1中日ビル4F

●ア ク セ ス : 地下鉄東山線「栄」駅から地下街直結 徒歩3分

●月 謝 :7,875円 (施設費含みます)
●入 会 期 :毎月初め

●申 込 方 法: 以下の手順ですが、まずは①でお問い合わせ下さい。

①まずお電話(052-261-4366)(052-263-713)又は
メール(hms@popmusic.jp)で
レッスン日時を音楽教室におたずね下さい。
入会前にレッスンの体験できます。体験のお申込みも同様です。

②レッスン日が決まったら音楽教室所定申込書にご記入の上お申し込みください。
ホームページからのお申込みもできます。
www.nsmusic.jp/chunichi//popularperfor.html

③音楽教室登録料と文化センター入会金をお支払いください。
音楽教室登録料 2,100円(税込)
中日文化センター入会金 3,675円(税込)すでに会員の方は不要です。
会員証を発行します。

④後日受講のご案内を中日文化センター音楽教室から送付します。

●受講の手続き:レッスン料:7,875円(月額)
お支払方法をお選びください。

①事務局窓口払い→毎月27日までに翌月分をお支払い。
②口座振替→所定用紙を受講のご案内とともに送付致します。
お手続き後2か月後から毎月6日にご指定の口座から当月分をお引落しいたします。
最初の2か月分は窓口でのお支払いとなります。


プロフィール
北床宗太郎 キタトコソウタロウ

1980年8月27日生まれ。三重県出身。法政大学入学後ジャズバイオリンに出会い、アメリカにてジョン・ブレイク氏に師事。

その後横浜ジャズプロムナード、コンペティション部門でベストプレイヤー賞を含む3部門受賞し、本格的に活動を開始する。

ジプシー・スウィング・バンド note noire(ノート・ノアール)のヴァイオリニストとしても知られ、2007年にはノルウェーのホットクラブ・レコードのコンピレーション・アルバム「Django Festival Vol.5」に演奏曲が収録される。

2010年、11年、12年にはアメリカの世界的ジャズバイオリニスト、クリスチャン・ハウズ氏と共演し、ワークショップを開催。

2012年ATNより発売されたステファン・グラッペリ、ジプシー・ジャズ・ヴァイオリンの日本語版監修を務めるなど、エデュケーターとしても活動している。
2013年2月には上記著者である、オランダのジャズバイオリニスト、ティム・クリップハウス氏のワークショップをコーディネート。

月に1度、バイオリンやビオラなど弦楽器奏者中心のジャムセッションを行っており、これまでの参加者は200人を超える大きなコミュニティとなっている。
ジャズライブだけに留まらず、即興性が活かされる演劇舞台や、ダンスとのコラボレーションなど、様々な分野で活動をしており、
創造性あふれる演奏で観客を魅了している。

1359886529111.jpg

2013年2月 1日 (金)

盛り上がりましたバイオリンセッション

月に一度行われている、弦楽器奏者中心のセッション。
今回で59回目でした。皆さんの温かい応援により続けて来ることができています。
ありがとうございます。


1359728970763.jpg

ホストミュージシャンにドラムを交え、いつもとは違った形の演奏も聴けたり、オリジナル曲をバンドとやりたいと持って来てくれた人。
そして、アコーディナの演奏も聴けましたね。

フィンランドのアート系のアニメーションクリエイターの方がきて、自分の作品に即興で弾けるようなバイオリン奏者を探しているそうで、スカウティングされてました。

文化庁主催のイベント「アニメーション・アーティスト・イン・レジデンス東京」 http://t.co/qMmJfVAr

今回ご紹介した、フィンランドから来日中のクリエイターのElliさんのweb site。作品も見られます。
http://t.co/0Zf7lCOZ
バイオリンセッションから、アニメーション音楽の仕事をするプレイヤーが出るかもしれません!
期待ですね!

その他には、ジプシーギターの方、クラリネットの方もボーカルの方も参加。バラエティに富んだセッションになりました。

今回はセッションに興味を持つリスナーの方もいらっしゃいました。こういう方に伝わる様な演奏をしていきたいですね。

今月は17日です!皆さんまた遊びに来て下さいね!

1359728975612.jpg

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »