フォト
無料ブログはココログ

ジャズバイオリン

« ティム・クリップハウスワークショップ(エピソード0) | トップページ | ティムWSテーマのメロディを知る(ep2) »

2013年2月26日 (火)

ティムWS驚きの練習方法(ep1)

まずはマスタークラスです!


通訳は大変恐縮ですが、私が務めさせて頂きました。
皆さん、拙い通訳で申し訳ありませんでした(汗)

さて、ティムと生徒によるマンツーマンの個人レッスンを見学出来るとあって、早くから沢山の聴講者が集まっていました。
1361879615607.jpg
ティムが生徒にやりたい曲を聞き、マイナースウィングが始まりました。
マイナーコード上で、メジャーセブンスの音が大事であるとか、四度マイナーの色合いが違う事など丁寧に分かりやすく。

あと、右手の特に人差し指の使い方を入念に説明していましたね。
アクセント、アーティキュレーションにおいてこの人差し指の使い方は個人的にも勉強になりました。
これは、マヌーシュ・スタイルには欠かせない技術だと思います。

やはり1番面白かったのは、ハーモニーについてと、そよ練習の仕方についてです。

これが、あまりにクリスチャン・ハウズのメソッドと似ており、思わずクリスのワークショップに参加した事のある参加者と笑ってしまいました。

偉大なプレイヤーは、スタイルは違っても、同じ様な事を考えているのかもしれません。

後は、ストーリーを語る様に、大きな声、小さな声。
速く、遅くなど話す緩急についても触れていました。

まあ、全ては語り尽くせないのですが、とにかく興味深い事が沢山あったんですよ。まだ、前半戦なのにね。

続く

« ティム・クリップハウスワークショップ(エピソード0) | トップページ | ティムWSテーマのメロディを知る(ep2) »

ジャズバイオリンメソッド(バイオリンセッション)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1363715/49679591

この記事へのトラックバック一覧です: ティムWS驚きの練習方法(ep1):

« ティム・クリップハウスワークショップ(エピソード0) | トップページ | ティムWSテーマのメロディを知る(ep2) »