フォト
無料ブログはココログ

ジャズバイオリン

« クリスチャン・ハウズの記事など | トップページ | 一月のバイオリンセッションはホストにドラムあり »

2012年12月14日 (金)

ラルチザンパフュームでの演奏とグラースに合うCD紹介

今日は表参道のラルチザンパフューム
ラルチザンパフューム
にて、ギターのブルーノ・ジルとデュオでした。


香水のお店と言う事で、コラボレーションしましたよ!

最初は2人でジャンゴの代表的なナンバー、Minor swing。
そして、ジプシースウィングの説明を挟んで、第一のコラボレーション!
秋と冬に関する限定キャンドル二つの匂い
二つの限定センテッドキャンドル
に予めこちらがそのイメージに合うジプシースウィング曲を演奏。
前もって、一週間前に匂いがついたテスターを打ち合わせで貰ってきてから、選曲しました。


Dinette
Manoir de mes reves


Ou es tu mon amour
I'm in the mood for love

各二曲ずつ演奏しました。

そして、その後お客様が選んだ香水の匂いを僕とブルーノが嗅いでから、フリーインプロビゼーションをしました。
完全即興でした。凄く挑戦的でしたが、楽しかった!

僕へのリクエストはこれでした。
COEUR DE VETIVRE SACRE
クール ド ベチバー サクレ(聖なるベチバーの心)
二つのベチバーが織りなす壮麗なハーモニー。
クールドベチバーサクレ

ブルーノへのリクエストはこれ。
FOU D’ABSINTHE
フー アブサン
背徳のロマンと情熱、底知れぬ魔力を秘めた香り。
フーアブサン

なんと、最終的にはそれぞれが即興演奏したこの香水が気に入ったので、お店の方にプレゼントして頂きました!
ありがとうございます!


1355416852896.jpg

さて、この最初に書いた限定の秋、冬のキャンドル。お店からのリクエストがありましたので、
こちらをお家でつけながら聴く、ジャズの名盤を紹介したいと思います。
本当に良いCDばかりです!


Stan Gets and Kenny Barron
People Time
サックスのスタン・ゲッツとピアノのケニー・バロンのデュオです。本当に素晴らしい会話を2人はしています。僕自身にとっても非常に影響を受けた思い入れがあります。


Charlie Haden
Nocturne

ベースのチャーリー・ヘイデンがリーダーのアルバム。キューバのバラードを中心に集めたものです。
バイオリン、テナーサックス、ピアノ、ドラムなど暖かいサウンドが特徴です。

Diana Krall
Quiet nights
ここでボーカルモノを。人気ジャズシンガー、ダイアナ・クラールのボサノヴァアルバム。
ハスキーな声で気だるい感じで歌う所が、ツボです。癒されます。


Django Reinhardt
Djangology
ジプシースウィングのジャンゴラインハルトの名盤です。入門編には最適、有名曲多数です。
Minor swingや、冬で演奏したOu es tu mon amourなども収録されています!

Stephane Grappelli and Toots Theilemans
Bringing it together
ジャンゴの相方、ジャズバイオリンの巨匠、ステファン・グラッペリがハーモニカのトゥーツ・シールマンスと共演。2人のおじさんがとても楽しそうにコラボレーションしています!

Bill Evans and Jim Hall
Undercurrent
こちらはジャズピアニスト、ビル・エバンスとギタリストのジム・ホールとのデュオ。
とても気のあった2人の演奏。音のやり取りが素晴らしいです。

Sotaro Kitatoko
Night and Day
僕のCDです(笑)10月24日発売されたばかりです!ぜひ、聴いてみてください。
ジャズバイオリンの世界をもっと知っていただければと思います!


と言う事で、少しでも参考にして頂ければ幸いです。


1355416857712.jpg
終わってからブルーノとねぎしに行きました(笑)
焼肉大好きみたいです!

さて!ライブ告知です。
今回のブルーノとのライブが来年新宿Jであります!ぜひ、今度はバンドと一緒の僕たちを見にきてくださいね!
1/16(水曜日)新宿J
1st 19:15-, 2nd 20:45-,3rd 22:15-
入れ替え制ではありません。
北床宗太郎(vln)ブルーノ・ジル(g)河野文彦(g)阿部恭平(b)
チャージ2500円(テーブルチャージ500円含む)
新宿J
Tel
03-3354-0335
E-mail
ご予約メールアドレス
ご予約をお勧めします!

北床宗太郎Blog

Bruno Gil web site

どうぞ、よろしくお願いします。

« クリスチャン・ハウズの記事など | トップページ | 一月のバイオリンセッションはホストにドラムあり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ジャズバイオリンメソッド(バイオリンセッション)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラルチザンパフュームでの演奏とグラースに合うCD紹介:

« クリスチャン・ハウズの記事など | トップページ | 一月のバイオリンセッションはホストにドラムあり »