フォト
無料ブログはココログ

ジャズバイオリン

« レッスン後 | トップページ | シンクロ »

2010年6月15日 (火)

カメルーンに勝った。

ワールドカップ本大会地元開催以外で初めての勝利。
日本、やりました!!
23:00キックオフの数分前に家に戻ってきましたが、食事をした場所はガラガラ。
甲州街道に至っては車の通りが普段の2割ぐらいでした。
日本ではそんなに盛り上がっていない様な雰囲気でしたが、やっぱりイベント好きな国民性でしょうかね。

やはり、僕は震えながらの観戦でした。
終わった時には自分が走っていたわけではないのに、軽く汗ばんでいたくらい(笑)
本田選手のゴールの瞬間は大声で「よしっ!!きたっ!!」と叫んでいました。

とにかく選手は頑張りましたね。
最後はかなり押し込まれましたが、なんとか逃げ切りました。

ここからはサッカー好きな方々にしか理解していただけない表現が出て参ります。
要するに駄文になります。どうぞ、ご了承ください。
それでも良ければ読んで下さい。以下、サッカーブログ(笑い)

昨日のポイントは、もちろん先制点を挙げた事。
そして、僕はなんと言っても本田選手を最後までピッチに立たせた監督の采配だったのではないかと思います。

先制点を取った後、残り時間が刻々と少なくなってきます。
1点を守りにいく場合、一番前から積極的にプレッシャーをかけてくれる選手がいると、相手の攻撃のパスコースが限定できます。このプレッシャーによって後ろの選手は守りやすくなるのですが、本田選手はこういう守備に積極的に関わるタイプではありません。
今までの岡田監督の采配であれば、前線で守備に走り回れる交代選手を投入するのではないかと思っていました。
しかし、本田選手を最後まで使い続けました。

これは、前線からのディフェンスをある程度にして、攻撃時の本田選手の影響力を評価していたのだと思います。
攻撃時にクオリティを発揮する選手を一番前に置き、守勢一方な展開にならないようにしていたということです。
カメルーンが前だけでなく、後ろからも勢いづいて攻撃に参加する事を抑止したのです。

実際、本田選手にボールが渡ると特徴であるボールキープ能力が活かされていましたし、前を向いてドリブルやシュートに対して意欲があるので、カメルーンディフェンスもそこは守備に戻らないといけません。
前線で時間が使えるので、日本の守備の時間も減ったのです。

どこまでが指示なのかは分かりませんが、本田選手本人も巧くサボりながら守備をしていたので、攻撃時に使える体力を残していたのだと思います。

もちろん日本は守備陣も高い意識を持って戦いました。
世界でも有数のストライカー、エトーに仕事をさせませんでしたし、最後のパワープレイでもトゥーリオ選手、中澤選手がボールを跳ね返し続けました。

チーム全体が、非常に現実的な戦いをしたなと思います。
前線からのプレスによる戦い方を辞めて、ある程度守備ラインを下げてでも守り続けるという作戦(もちろん本田選手という攻撃を残した上で)に変更したのです。

これでオランダ戦が楽しみになりましたが、問題も発生です。
第3戦のデンマーク戦に向けて選手を入れ替えて戦うべきではないかと言う意見があります。要するにオランダには勝てないから、主力選手を怪我やカードトラブルでデンマーク戦に出れなくならない様にしたいという考えです。
これが敵前逃亡なのか、戦略的撤退というのか・・・
どちらにせよ、興味深い第2戦になりますね。

個人的な意見ですが、
僕はオランダとの真剣勝負を観たいです。
ワールドカップ常勝国ではない日本が2戦目を全力で戦わないと言うのはおかしいです。
主力を温存して良い国ではない気がします。
デンマーク戦で勝てる保障は無いですし、日本は今コンディション的にすごく良い状態です。ですので、ベストメンバーで言ってほしいですね。

ただ、替えの利かない選手が居ることは事実です。
MFの阿部選手、CBのトゥーリオ選手、中澤選手は特にそうです。
阿部選手に至っては、カメルーン戦でイエローカードをもらっているので、オランダ戦で1枚もらってしまうと、デンマーク戦は出場停止です。

カメルーン戦、奇策ともいえる本田選手ワントップ起用というギャンブルを成功させた岡田監督がどういう作戦でくるか考えると、また眠れない夜が続きます。

とにかく日本を応援しましょう!!

« レッスン後 | トップページ | シンクロ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメルーンに勝った。:

« レッスン後 | トップページ | シンクロ »